dotSquonk 100W by dotMod【MOD】レビュー

スポンサーリンク

 〇 〇 〇

ねぇ、誰でもいいからシュタインズ・ゲートについて一から説明してほしい。世界線を移動しすぎて意味わからん。もう3周くらいしてんだぜ。

と思って調べてみたらオリジナルの23話と改変版の23話で話が分岐していたというではないか!!それでだいぶ話が繋がった気がする。

まぁそれでもわからんけど^^

とりあえずシュタゲゼロの23話のラストは最高にかっこよかった。無印23話ラストの動画メールのとこも鳥肌たちまくりなんだよな。あと紅莉栖かわいい。紅莉栖ゥ!!俺を観測してくれェ!!

ということで、あのdotmodからついに私の求めるものが登場した。

dotSquonk 100W

by dotMod

75F4173C-CB48-4207-B5FD-C2BC7D67B095

【提供】dotMod

スペック

  • モード:パワー(VW)、バイパス、カーブ、温度管理(Ni200,Ti,SS)
  • 使用バッテリー:18650 or 20700 or 21700×1
  • カラー変更可能なディスプレイ

dotmod × スコンカー × レギュレーテッド

これがあたしの求めていたdotmodの商品。基盤なしのメカスコは以前より発売していたが、レギュレーテッドが出ていなかったので「なかなか出し惜しみするやんけ」って思ってた。

しかも21700バッテリーを使用できるし最高ですやん。

開封と外観

DF865470-BBA3-4A71-86DE-62FCA025BCF0

A243D75C-276D-4625-8C15-97460B44C3C6

おほあ~^^

かっこいいよぉ~^^

D55C858D-5DDE-42BD-B0E8-EDF1702B02AD

透明のボトルのほかに、ボディーカラーと同じ色味のボトルが付属する。

こちらのボディーカラーはブラックなのでボトルもブラック寄りの色。

7BFC1BCE-4EDA-4509-AB0C-92ECF3F25ECA

おお、USBケーブルにキャップがついているとは新しい

9A33D1B6-42CC-458F-BFA6-26ADC6B77D4F

ふぁっ!!!????

ライトニング・・・だと・・・ッ?!?!??!

AF96CDED-7101-4FA8-BCC9-B9DE60C7086C

と思ったらこういう仕様だったとは。アイポンも充電できちゃうケーブルにしちゃうなんて最高すぎますわい。

やりますね、どっともっど。

4F0AF14E-A06C-4BCB-A290-24D41114785C

相も変わらずというか、この塗装の上品さ、美しさは他の追随を許さない。

私はこの塗装が大好きでねぇ。マットでサラサラとした触り心地。

D45DD8E1-8E1E-472D-9139-F4240EA06A8C

背面(?)にはディスプレイが配置されている。

DB968DE7-F960-42A8-A46D-8C53F002EE6C

ちょっと濡れているのは撮影を待たず使ってしまったため。

「早く使いたい!!」

そう思わせてしまったこいつが悪いよね^^

FBD7F84E-5694-4784-A004-C24CF1C0FD32

この模様かっこいいよなぁ。

パフボタンはカチッと小気味よい。

715B3F68-B1CA-4D65-9851-5C00C9D1CFCC

底面にはシリアルナンバーが刻まれている。

そしてその下部(及び上部)にはパネルを外すための爪をひっかけるところがある。しっかりハマっているからなのか、マグネットを三個もあるからなのか、ちょっと開けにくい。爪の長い人ははがれてしまわないように用心しなければならない。

14B6B825-5624-4A58-82D1-CC9DB6B90B5E

パネルを外すと、ボトルが見えます。こちらサイドはボトルのみ。

7228E5E5-A4C0-46CA-A879-4ACE0AEFB27E

ボトルと本体の接続は色々な構造があるが、これはステンレス製のボトル先端を本体側に差し込むという仕様。

ECC00928-8AAA-4D1D-BC06-E83D3245E46B

バッテリー収納部は反対側なので、仮にボトルからリキッドが流出してもバッテリー部にリークすることはない。

39175D0B-24EB-49CA-B58E-3E7F938E6176

リキッドチャージはここから行う。

0BB2D707-3145-4057-877B-EA882B5398CD

反対側のパネルをOPEN。

バッテリー部に入っているスケルトン筒は18650を使用するためのもの。この筒でさえもオシャレ。

3E9126A5-DE32-4267-8CBD-0D74D9804ADD

バッテリーの上下を間違えないように方向を記してくれている。

550C6E05-1F59-4AFA-9760-EB380FA1EEC2

USBケーブルはこちらから刺す。

そしてその上に+/-のボタンが配置されている。

88D2E35B-B69D-4E0B-9072-AAEB9B284AE3

バッテリーを外すときのリボンにさえもdotmodのこだわりを感じる。

抜け目がない。

正直たまらん。dotmodの中の人達はめっちゃ変態なんだろうなぁ(褒め言葉)

6E4A2579-D157-496E-8AAF-973D852EE985

こいつが液晶。視認性は普通。

普通だが、こいつにはちょっとした工夫が施されている。それについては後述しよう。

あ、あとワッテージは1W刻み。個人的には0.1W刻みよりも楽でいい。0.1W単位で変更したい人には悪い知らせかもしれない。

0B87006B-242C-4B56-8BB2-063B39A6DBD7

電源ONの状態で3クリックするとこの画面になる。

最低限のモードを搭載しているのが分かると思う。

F4FE35D9-6B57-4EAF-AE7A-69B3046495F1

こちらがカーブモード画面。

グラフで出力の推移が見えるようになっている。調整できるのは0.5秒間隔で10秒間。これはちょっと長すぎる。設定するのが面倒。

使い方

  • パワーON/OFF:パフボタン5クリック
  • モード変更:パフボタン3クリックしたあと、+/-ボタンで変更。パフボタンで決定
  • パワーロック/アンロック(出力固定):パフボタン4回クリック
  • ディスプレイ色変更:モード変更のときにSETTINGという項目があるので、それを選択し、+/-ボタンで変更。

使ってみた

これはいいもの。

随所に見られるこだわり、細部に渡る質の良さ、21700バッテリーを使用できる割にはコンパクト。温度管理は使わないからどうでもいいけどVWが使用できるのも最高。

関係ないけどワイはアイホンユーザーなので、ライトニングケーブルが一つ増えたってのもけっこう高ポイントだったりする。

AE88015D-4F60-4CDE-BC41-91EC0ECD87B4

忘れてましたが、これがカラーディスプレイたちです^^

サイズ比較

サイズ感が気になる方もいると思うので、パルスコとRSQを並べて撮影してみたよ。

883EB613-5109-49A3-AF14-92EAE27BC6F8

97A7119C-D2AD-4978-9742-754E30EEA7B3

パルスコ(Xではない)もRSQも21700を使用できないことを考えると十分コンパクトということがわかると思う。

優勝でしょこんなの。

購入できるところ

dotmod

国内ではまだ販売しているところはなさそう。わかんないけど。

Giveaway

今回もdotmodから二つ商品を送られてきたからつまりそういうことなんだろう。

募集要項はTwitterに記載しておくので、私のTwitterをチェックしてください。

 icon-arrow-circle-down いいね!って思ったら押していただけると喜びます icon-arrow-circle-down 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

3 Responses to “dotSquonk 100W by dotMod【MOD】レビュー”

  1. はるいち より:

    質問ご2つほど…
    コンタクトピンはスプリングですか?
    また、立ち上がりはどうですか?
    回答頂けたら嬉しいです。

    • タカユウ より:

      はるいちさん
      コメントありがとうございます。
      コンタクトピンはスプリングです。
      立ち上がりについてはVWでの運用の場合、ワッテージにある程度依存されると思いますので、設定出力によっていかようにも出来ると思います。
      また、カーブモードもあるので、初動で高めの出力に設定してあげればゴツめのクラプトンをセットしてもOKかと。
      要はメカニカルではないのでそんなに神経質になる必要はないと思われます。

      • はるいち より:

        ありがとうございます!
        購入してみたいと思います!

コメントを残す

このページの先頭へ