Nugget X Kit(ナゲットエックス) by Artery【スターター】レビュー

スポンサーリンク

vape-memorandum1 (1)

         

 

Nugget X Kit
ナゲットエックス
by Artery
17DD6A0C-2B97-430D-BFE1-E4DF722772CF

【提供】BuyBest!

スペック

Nugget X

  • サイズ:36.6×23×58mm
  • バッテリー容量:2000mAh
  • 出力(W):5~50W
  • 出力(V):0.5~8V
  • モード: VV/VW/TC(Ni/Ti/SS/TCR)/バイパス
  • 温度範囲:200℉~600℉/100℃~315℃
  • 抵抗値範囲:0.1~3Ω

AT22タンク

  • サイズ:22×39mm
  • リキッド容量:2ml
  • コイル:0.3Ω(25~45W)

開封&外観

D2CB3C4C-4CBC-47A4-BB2D-7D08816ED551

3BCF73A6-60C5-4B3A-AB6B-B4463C60F3D2

ADEBABB6-B459-4CBA-B69E-6EB2DBD8CBA3

DF24B5F6-BE30-4D36-BE15-30DEAC4B83DE

【付属品】

  • 1 × Nugget X MOD
  • 1 × AT22 タンク
  • 1 × 交換用コイル
  • 1 × 予備ガラスタンク
  • 1 × 予備Oリングパック
  • 1 × USBケーブル
  • 2 × マニュアル

NUGGET X

493ABE59-32AC-42FC-AF4C-D9619D0B1EA9

4668A710-1039-4392-9876-30EA1CAD5EE5

7D16FBE4-8BF4-4447-9A02-4B0602176EED

23714D8E-5470-4651-85D8-F7ECE331D2FC

C01D6337-7A80-4B79-90CC-8D3D6AD933FE

33B5F453-3FB5-41E5-8106-9ABEDC382BD5

上にある大きめのボタンがパフ(決定)ボタン。下に2つあるのが+/-(選択)ボタン。

CC039C25-C272-49B2-9D38-B8E036A8BAF3

ロゴがでかくなってやがる。まったく好みじゃないぜ。

初期型のNUGGETと比べると少しだけサイズアップしていますが、バッテリー容量は倍になっているので、それを感がえるとこのくらいのサイズアップで済んだことが素敵です。

なにより、初代NUGGETよりもかなり軽い!!なんといってもこれがすごい。めちゃくちゃ軽いですからね!!一番驚きました。初代の重厚感ある仕様も好きですが、やはり運用となると軽いほうがいいのは周知のとおりかと思います。

AT22

最初に言っておきますが、ごくごく普通のクリアロです。

6C1D6178-CE8A-4809-AB7A-6F3FBB43655E

B680DAE0-8642-4A1F-A8C2-3E22C91815A2

8FCBB671-065A-4083-9771-8ABB4D10110C

ドリップチップは510規格。

あらゆるドリップチップに換装可能です。

A4560C0B-4F24-4101-A01C-933AB44C0508

安定のトップフィル機構。一度使ったらその簡単さが病みつきになる悪魔の仕様。今やマスプロ製タンクアトマイザーでトップフィルを採用していないものは「ちょっと面倒だな」って思います。

16964B19-E477-4ECB-867D-B0140DBA71A9

9E957420-6451-4C21-AD2F-51BBEBEA451F

43A70F4F-841A-4104-A9DA-BD91FCBE871C

同じコイルが2つ入っています

推奨ワッテージは25~45W

いわゆる爆煙!!というよりは「頑張ればけっこうミスト量を出すことも可能だけど、普通に使ってもほどほどに出るよ」くらいのスタンスだと思われる。

CAC2DDE2-7033-4165-B1BE-0C22E720773D

03FC7168-D8C9-4C69-8554-E61F02D4C009

リキッド入れて―

52F8DC3D-EFE1-4A4C-B007-AA5935F06219

アトマイザーは準備完了!!

非常に簡単にセッティングが可能なので、初心者の方でも問題はないと思われます。

毎度毎度これだけは言っておかねばならないところですが、新品のコイルを使用する際は、リキッドがコットンに浸透するまで最低でも5分ほど放置しましょう。

操作方法

簡単に操作方法を紹介します。

まずパフボタンを素早く5回クリックで電源のON/OFF

D9D53842-9DFC-4BE8-938E-C585C6EA6DE6

左上にPWRとありますが、これがパワーモードです。真ん中でデカデカと出力ワッテージが書いてあります。+/-ボタンを押すことでワッテージの昇降が可能。

今回のアトマイザーを使用する際は25~45Wの中で使用しましょう。最初のうちは25W~30Wでも十分なのではないかと我思う。

パフボタンを3回クリックするとモード変更画面が出てできます

40689C32-6FFE-4188-B47A-F5D4991DAD56

POWER・・・いわゆるVW。ワッテージモード。先へ進むとプリヒートの設定が可能
TEMPTURE・・・温度管理モード
VOLTAGE・・・いわゆるVV。出力をボルテージでによって変更できる
BYPASS・・・バイパスモード
POWER OFF・・・電源OFF
EXIT・・・モード変更画面から出る

個人的に気に入ったのはVOLTAGEモードがある点。このモードが搭載されているものはそんなに数が多くありません。

たとえばメカニカルで満充電バッテリーを使用すると通常4.2Vで出力されて徐々にパワーダウンしていく(と考えている)のだが、「ワイは満充電時から3.8Vで運用したいよ」ということがあったり、単純にVOLTAGE管理のほうが楽ちんとかっていう方も割と多くいます。メカ好きに多いイメージですね。

BYPASSモードはよりメカニカルっぽいけども、そのモードにするならメリットは私にはわかりません。おそらく4.2Vから徐々に出力が下がっていくのでしょう。

8B97417D-E8E1-4C6B-B282-80A924AF0B2B

これ、VVモード時の画面ですね。VOLTAGEは0.10Vずつ変更可能です。

そしてけっこうすごいプリヒート機能もついています。もうそこらへんはBBさんとこのブログ(Vapezine)で説明があるので、そちらも参考にしてください。メカニカルの使い方の説明とか面倒だから嫌いです。

BBさんとこのブログ

使ってみた

2F2D01BC-7088-4815-B297-8F1C2875C96D

これはたまらん。

とてもいい。

サイズ感・軽さ・バッテリー容量・ビジュアル・・・これらあらゆる要素を満足感を得られるレベルまで達成している素晴らしいものだと思います。

初代ナゲットには「重い」「バッテリー容量が少ない」というマイナス要素があったのですが、Xについてはその部分を完全に払拭してくれています。Arteryやるじゃんか!!と手を叩きたくなるほどです。

そしてAT22タンクについては、十二分にうまい。運用も楽。爆煙すぎないのもちょうどいい。

ただ、エアフローコントロールを全開にすると吸うときになんか変な音がするからそこだけマイナス。笛鳴りでもないのですが、なんか変な音。80%くらい開けている状態だと気にならないのでヨシとしましょう。そこくらいでも十分ミスト量は多くでます。

ついにこのサイズ感でここまで満足感を得られるものが出てくるとは。

喜ばしさとともに時代の流れを感じます。

あー、もうこれみんな買えばいいのに。個人的にデメリットがあるとすればロゴがでかすぎることくらい。あとなんかメッキのライン?個人的にはロゴなしメッキラインなしのフルブラック仕様がシックで好きです。というか中身が良すぎて外見あまり気にしていませんでしたが、よく見たらデザインで損してる感がすごかった。

ナゲットXを購入できるところ

BuyBest!

国内で買えるところ

キット

MOD単品

 icon-arrow-circle-down いいね!って思ったら押していただけると喜びます icon-arrow-circle-down 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

 

関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ