PULSE(パルス) BF 80W by VANDY VAPE【スコンカー】レビュー

スポンサーリンク

 

wotofo_6th_anniversary_sale_500-X-200

PULSE BF 80W
パルス ボトムフィーダー
by VANDY VAPE
107DCD0A-2FB2-4F7B-83E7-3B2E98A389A0

【提供】VAPE POWER

「パルスコ」という愛称で親しまれている人気のスコンカーです。

スペック

  • サイズ:82×56×27mm
  • 出力(W):5~80W
  • 出力(V):
  • 使用バッテリー:18650 /20700×1
  • モード:VW、温度管理、VV

開封&外観

16F808A1-81A7-4D75-8FB4-B19434517BCD

【内容物】

  • 本体×1
  • USBケーブル×1
  • シリコン ボトル ブラック(8ml)×1
  • 18650バッテリーアダプター×1

0067FFBA-155F-4F2D-84B5-11FDEC95CC58

107DCD0A-2FB2-4F7B-83E7-3B2E98A389A0

ナイスなカーボン柄。これはシルバーカラーのカーボン?っていうやつです。

ほかにはブラックカラーもあります。

B8B85A6C-13B9-47AB-8CF4-714389BD89C9

光沢のあるブラックボタンでカッコいいですね

A18DDC28-73D3-43F6-85CE-F057A885176B

 

20653C1B-14B2-439C-830E-96DC7973E463

上部。角に丸みをもたせているとはいえ27mmあるので、24mmくらいのアトマイザーならはみ出ずに乗せることが出来ます。

78AD0057-DDDA-47C3-8D8F-B65936A2E34B

複数の穴がありますね。ベントホールかなと思ったのですが、バッテリー側じゃないんですよね。

リキッドが万が一漏れた時にBOX内部に溜まるのを防ぐための流出穴か、もしくはチップ・BOX内部の温度上昇を抑えるための穴かしれません。違うかもしんない。

C2B4BA27-EAF4-44E3-AFEF-FFBD7EE4F5A8

パネルは両面取り外すタイプです。

別売の交換用パネルを手に入れられれば、交換することができます。着せ替えできるって地味にいいですよね。

50B512E1-864B-43D8-88D2-7650BA675155

2F2DA189-0590-436F-AD5F-D9D19A73E73F

FCE8C89F-4302-4805-9693-3B550FA03074

バッテリーの挿入向きを記す印があるので、間違えないようにしてください。下が+です。

マイナス側のコンタクトがスプリングになっているので、マイナス側から入れて、コンタクトを押し込みながらプラス側も入れてあげましょう。

0800AF54-9D3F-48E9-8890-A92755E8D8CA

シリコンボトル。やはりシリコンボトルが使いやすいです。実はシリコンボトルが主流になったのはここ1年くらいだと思いますが、それまではプラのような使いにくいボトルでしたね。まぁ当時はそれしか選択肢がなかったので何とも思いませんでしたがw

913091DF-A9A8-4F5C-A74B-8ACCA924EB9A

D9B280EF-6796-4FF1-B767-E84F866BF20E

18650サイズを使用するときは、付属のアダプターをかぶせてあげます。

このとき、バッテリーのプラス側にかぶせてあげてください。

B5744D1A-7976-426A-8E98-B501E46F3329

ディスプレイの視認性は良好。輝度が低くて外で見にくいなって思ったことはありません。

使用方法

  • 電源ON/OFF・・・ファイアボタン5回クリック
  • モード切替・・・ファイアボタン3回クリックごとにモードが変更していきます
  • ディスプレイ反転・・・ファイアボタンと-ボタン同時押し
  • VVにする・・・+と-を同時押しをし、カーソル?をV icon-refresh Pのようなアイコンに合わせてファイアボタンを押して決定する

A817DE3A-9DB3-4E56-B431-D35C869B7382

 Pってのは上の画像のアイコンね。

 

モード切替の際、ファイアボタン3回でモード変更メニューに行くのではなく、3クリックごとに1つずつモードが移行する仕様です。「あ、一つ行きすぎた」ってなってしまったら、ファイアボタンを12回くらいクリックしないといけないのでちょっと面倒かなぁ。と思います。

あとVVモードに移行するためには、他のモード変更とは違う操作なので戸惑うかもしれません。

使い勝手はあまり良くないですが、VVモードがあるので良しとしました。

使ってみた

まず最初に感じたことは「コレめちゃくちゃ軽ぅいデスー!!!!」ということ。正直これには驚きました。今まで使ってきたテクスコの中では、体感でダントツに軽いです。

「これでバッテリー入ってんのかぁ・・・」ってくらい。

見た目がプラスチッキーというか3Dプリンターっぽく見えてしまうので「見た目に高級感がねぇな」と思う人もいるでしょう。メタリックで見た目の高級感が素晴らしいRSQを使っていた私もそう思った一人です。が、これは「この軽さならそんなことは笑って許そう。グッジョブすぎる。」と唸るはず。少なくとも私は唸りました。

それともう一つ。VVモードがあるということ。これはメカニカル使いにはけっこう需要のあるモードですが、VVモードがないテクニカルのほうが現状では多いイメージです。

そのVVがこれにはついています。4,2V出力でちょうどいいビルドをする人、3.8Vでちょうどいいビルドをする人。様々な人がいると思いますが、それを満たしてくれるVVモードが私は好きです。

あとは20700サイズのバッテリーが使えることも大きなメリットだと思います。抵抗値にしても持続時間にしても18650では実現できないポテンシャルを持っていますからね。

パネルのカーボン模様も「シール貼りました^^」という感じでもないのでGOOD。別売ですが、着せ替えパネルもあるので衣替えが可能なところもいいですね。

47E71DF9-6863-4878-8A75-6205685E5AF2

意外に思われるかもしれませんが、RSQのほうが小さいんです。

まとめ

高級感はないが軽くて運用しやすい。VVモードがある。20700が使える。チップの操作はちょっと面倒。パネルは良い感じだし着せ替えもできる。外出先でガシガシ使える系。ボタンの押し心地GOOD。RSQにあるものがなかったりするが、RSQにないものがある。総じてかなりいいスコンカーなのでみんな買え

追記

親切なフォロワーショップさんが「ファームウェアのアプデで改善されてますー」なんて教えてくれたもんだから、そちらも共有しますね。

モード変更の煩わしさやVVモードへの変更もこれでラクラクです。

こちらから確認できます。

購入できるところ

交換用パネルはこちら

VAPELOG

 icon-arrow-circle-down いいね!って思ったら押していただけると喜びます icon-arrow-circle-down 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ