【持ち運びシーシャ】VAPENGIN(ベイプエンジン)について

こんにちは。タカユウです。お久しぶりすぎてVAPEに関しても記事の書き方に関しても浦島太郎状態ですが、頑張って執筆作業をしていきます。

ブログ初心者が書いてるテイで読んでくだしあ!

 

「VAPENGINってなにかよくわからない・・・」という方。私と一緒に勉強していきましょう。電子タバコ歴15年くらいの私の考察なども交えますのでお役にたてるかもしれませんしおすし。な訳ないか!

ではまず

VAPENGIN(ベイプエンジン)とはなにか

ここからお話をしていきましょう。

まず言わなければならないのは

世界中でスーパーメガヒットをたたき出している

ということ。ほんでそれがシリーズ累計で1,500万本を販売しているというとんでもないシロモノだってんだから驚きました。とんでもねぇモンスターコンテンツじゃねぇかと。

今までこの業界でそこまでの売り上げを出しているものがあったでしょうか。話題になったものは数多ありましたがね。

 

実は今回、ブログ再開にあたってベプログさんよりVAPENGINを提供していただけるということになりまして、浦島太郎な私はまずそれが何なのか、なぜ売れているのかを徹底的に洗っていく必要があると感じたわけですね。ホントに何もわからないので。

ちなみに私はまだ吸っていません

おそらくこの記事をご覧になっている方は吸ったことがない方がほとんどだと思いますので、その方たちと同じ土俵に立っている状態で状況判断をしていきたいと思ったからですね。

よく言えばこの記事が「購入前の生の声」ということ。

だからなんだっていう話ですが、VAPENGINの概要を簡単に説明すると

  1. 使い捨て
  2. 5500回(7500回のものもあり)吸える

このような商品だそう。

現在では5500回吸えるものと、7500回吸えるものがあるようですね。

まず驚いたのが1の「使い捨て」という点。数年前までリキッド(液体香料)が入っているPODのみを捨て、バッテリーは使い続けるというものが主流でした。

そのバッテリーさえも使い捨てるというなんとも大胆な商品。捨て方はちょっとめんどくさそう。

フレーバー

God Muscat | ゴッドマスカット

Strawberry Milkshake | ストロベリーミルクシェイク

Blue Rasp | ブルーラスプ

Vanilla Ice Cream | バニラアイスクリーム

Watermelon Ice | ウォーターメロンアイス

Caramel Popcorn | キャラメルポップコーン

Mango Ice | マンゴーアイス

Cool Mint | クールミント

上記は7500の方のラインナップです。

リキッドの王道テイストが多い印象ですが、キャラメルポップコーン・・・?キャラメルポップコーン?????家の中でディズニーや映画館の匂いを楽しめちゃうってコト???

VAPENGINのココがすごい(らしい)

感動の濃いミスト

ミストを発生させる機構を新開発したらしい。

シーシャなんで、濃いミストがやはり求められるのは当たり前。それを高い水準で再現できているということでしょう。期待したいところです。

職人の神レシピ

プロフレーバーファクトリーにてVAPENGIN用に配合された特別の味わいとのこと。本物を超えるらしい。

この「本物」というのが、シーシャのことなのかどうかはわかりませんが、たぶん本物は超えないのでは。本物を超えるのは本物しかないと思うので・・・

プロスペック

USB typeーCによる充電が可能となっているそうです。また、高性能モデルにつき、最後まで快適に使用することが可能とのこと。

シルキーな煙

煙にも種類がありますし、好みもあります。シルキーな煙を求める方が多いので、かなり強い訴求ポイントではないでしょうか。

世界基準の検査

世界で売るためには各国での安全基準をクリアしなければいけません。それらをクリアできるだけの安全性が証明されているわけです。これは初心者にはかなり大きな安心材料。

私も最初はわけのわからない電気製品と液体にビビり散らかしていましたから。「大丈夫?肺とか呼吸器系とか大丈夫?」とか思いますもんね。

検証していきたい内容

ここまで調べたりした中で私が検証したいというか、気になる点をいくつか挙げます。これらはおそらくそのまま皆さんの気になる点と合致するはずです。

  1. 味はちゃんとおいしい?
  2. 5000回吸えるのはいいけどもコイルとか味とか大丈夫そ?
  3. 煙の量は十分か?
  4. その小ささでバッテリーはちゃんと1日もちそ?
  5. たばこやめられそ?
  6. 結局コスパどう?

とくに2はめちゃくちゃ気になるところ。こういった液体を加熱によって気化させるシステムは、加熱部分が回数を重ねるごとにコゲついてきたりして、リキッドの味を損なっていくことは避けられないはずです(経験上)。

味の低下が許容範囲のまま5000回吸えるのであれば、それはマジでとても良いことです。その検証もぜひやりたいですね。

この検証結果によって次回検証記事の内容が大きく左右されますので、期待していますヨっと。

検証記事は後日まとめますので、お待ちくださいね。なにぶんまだ開けてもないので(照)

まとめ

購入を検討している方で、使用したことのないやつの考察記事をいったい誰が読むんですか?ということについさっき気が付きました。

なんでこの記事を書いたのか全然わかりません。

 icon-arrow-circle-down いいね!って思ったら押していただけると喜びます icon-arrow-circle-down 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村