「PICO RTA by The Vape」VAPEアトマイザーレビュー

こんにちは。

今回はハイエンドアトマイザーとして海外でも超人気のアトマイザーレビューです。

その名もPICO

以前スーパーイケてるという見た目だけで購入したmicro capを輩出したメーカーということもあり,デザインもどこか通じるものがあると感じました。そして言わずもがなPICOは見た目がとても好きな形です。

1万5千円を超える金額は,私にとって少し高価なため購入を見送っておりましたが,海外でこれだけ「YES!PICO!」「holy shit!!」「×1!×1!」と叫んでいるのを見かけるとフツフツとPICO欲が湧いてきました。とどめはまっさーさんのレビュー動画ですかね。物欲を刺激してくれてどうもありがとうございました(白目)

白目むきましたけど,結果的には「なぜもっと早く買わなかったのか」と思わせるほどの逸品だったことは最初に言っておきます。

私は普段はほぼドリッパー使いであり,タンク系は敬遠するきらいがありました。タンクだと,ドリッパーで可能にしていた「求めている味を再現できない」という点があったからです。私のスキルが足りないのと,構造が違うので仕方ない部分ではあるのですが,そういった理由があったのです。もう一点,すぐに味変が出来ない点も少し苦手wンゴw

で,PICOについてはすでにガビさんやまっさーさんも詳しくレビューしているので,かなり端折ったレビューをしてみます。

「じゃあレビューしなくてもいいやん」と思ったでしょう。

タカユウは「ないよりはあったほうがいいんじゃね?」というスタンスだからさ。

いきまーす

The Vape

「PICO」

image

仕様

  • 直径 22mm
  • 高さ 30mm
  • タンク材 PMMA
  • タンク容量 3ml
  • エアホール 1.5mm×3可変
  • 510接続

開封

image

ガムボトル。これだと固いプラスチックとは違い,外からの耐衝撃性も兼ね備えるので安心ですね。

そして見た目がかわいい。

image

本体と予備パーツ

image

これをバラすと

image

こんな感じです。左下にあるリングがAFC(エアフローコントロール)リング,ちょー固い。硬度とかではなく「え?これホントに取れるの?」レベル。

ゴム手袋とマイナスドライバーを駆使して優しく優しくテコの原理を使いながら外しました。

image

トップキャップを外したところにリキッドチャージ用の穴が4つあいてます。ここからリキッドチャージをするのですが,そこまで広くないので,スポイトだと入れにくかったです。ユニコーンかシリンジで入れてあげたほうが楽々できます。

image

裏にはシリアルナンバーとロゴ。

1844とか見覚えあるなーと思ってたら,1844年は皆さんご存じでしょうがフランス人が沖縄に来た年でしたね。

ビルドる

image

付属のチャンバー,チムニーは素材がPEEK材。熱に強いが色がちょっとアレっすね。個人的感想を述べるとちょいダサっすね。

image

コイル用意。

26g 2.4mmコア 7wrapで1.05Ω

結果的に抵抗値はもう少し低い方がよかった気がする。

image

うむうむ,ビルドもしやすい。

image

チャンバーのコットン通す用の切り込みとコイルを直線上に配置することで,コットンに変なテンションをかけることなくセッティングすることができ,それが安定した供給になるはずだという思い込みです。

image

いやーいいじゃないですか。

何気にこのコイルが出来上がった瞬間が好きだったりしますね。悦に浸れます。

image

image

image

はい!!

吸う

結論からいうと,これはうまい。15Wで試してみましたがミストは暖かめ。

抵抗を高めに組んだせいもあるでしょうが,味が濃い

それと,うまく表現できないのですがタンクなのにドリッパーの味に近い

ドローは,MAXでもサブタンクやゴブリンミニのようなスカスカではなく,適度な重さを保っています。

個人的にはエアフローの穴をもう1セット対角に追加してもらって設定の自由度がさらに増えていただきたかったりします。

この現状仕様ならば,0.6Ωくらいで組んだものをエアフロMAXでいただきたい印象です。

1Ω以上の抵抗値でタイトドローの役目はmicrocapをセッティングしたRussian91%に委ねます。

アトマイザーによって役割分担をすると,「あのアトマ最近使わないな」ということが少しは減るのではなかろうかと。

別売オプション

見た目の問題を解消するべく別売のウルテム素材のチャンバーとチムニーを購入したのでついでに紹介します。

image

image

すげーよくなったJAN!!

琥珀色のリキッドみたいでオシャレになるンゴ!!

あとはJoytechのCLRコイルを使えるようにしてくれるCLRジェンダーや,チャンバー内をさらに狭くし,フレーバーをより濃く吸うためのマイクロチャンバーもオプションで用意されています。

まだ他にもありますが,販売店のHPで確認してみてください(丸投げスタイル)

コイル作成のバリエーションが狭くなることもあり,あえてマイクロチャンバーではなく付属品と同じ形状の素材だけ違うウルテムノーマルチャンバーにしましたが,後悔はしていません。

今度はクラプトンを2.5mmコアで巻いてみたいと思いまーす。またねーバイバーイ。

購入元のPromistでは現在在庫切れですが3月に再入荷があるみたいです!

要チェックや!!!

【購入元】Promist Vapor

スポンサーリンク

 

国内最大級の口コミ・情報共有サイト

新作リキッドやベストセラー等の気になるリキッドの口コミ見ることができます。ランキングはもちろん味別での検索も可能。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

 

関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ