Revvo Tank(レボタンク)by Aspire(アスパイア)【アトマイザー】レビュー

スポンサーリンク

豪華商品が当たる総選挙がいよいよ開催しました。
応募方法や商品内容は下記をクリック

banner

 

Revvo Tank
レボタンク
by Aspire
アスパイア
B7313872-93F7-4D62-AA77-3B7FCD7A8042

【提供】ベプログショップ

スペック

  • サイズ:24×45mm
  • リキッド容量:3.6m
  • まったく新しいシステム採用
  • ARCコイル対応出力:50-100W

構造がまったく新しいタイプのアトマイザーなので、まずは日本語表記に対応したAspireの公式サイトを見ていただいたほうがいいと思います。

http://www.aspirecig.com/jp/aspire-tanks/revvo/revvo483.html

開封&外観

7CCD6275-1190-453C-9A69-6929410A7E59

FE452D5B-6299-4B13-9720-696840DB1D42

C1C4A46A-EBBA-4238-B816-ACC5A1672DF4

【付属品】

  • 1×Revvo Tank
  • 1×交換用コイル
  • 10×予備Oリング
  • 1×ガラスチューブ
  • 1×保護キャップ
  • マニュアル等(日本語表記なし)

F79BEB23-06EF-46EE-A756-02262670FE15

上部から覗いたものですが、異彩を放つ内部。この中心の穴からリキッドを注入するってんだからほんと未知の世界ですよね。

そしてかなりのワイドボア。

2C89467A-2F9E-4E28-AC9C-357DC642D206

底面はよくあるクリアロみたいな感じですね。

BACE6B1D-8799-44EE-9B4B-325549F26A16

2F3A1132-A623-413E-B217-9CA86EF3F146

エアフローの全開/全閉の様子。全開だとかなりスッカスカで、もはや呼吸レベルです。

爆煙への期待がギュンギュンに高まります。

0B4C7E0C-9D86-49DD-91C3-CC86C12AD2D6

トップキャップを外すと「こマ?」と思うくらい奇抜な形状をしています。

9F24C76D-84BC-4D06-A90F-7A469FDF5092

取り付けネジをクルクル外すと

8DFAEADB-B34E-48B3-B39C-22279DF8B5AE

ARCコイルが外せます。コイル交換はそんなに大変ではなさそうです。

0004FB1F-1AEE-40AA-9A5D-2CCD84F8CC5B

底部のリングをクルクル外すと、ガラスチューブを引き抜くことができます。このリングはガラスチューブ固定用です。一方向のローレット(なんていう名前なの?)加工をされているので、回しやすいですよ。

0B6D84F7-3B31-474D-ABC9-F64AD3807E35

このように分解できます。一番右のトップキャップも分解できるそうなんですが、固すぎて諦めました。使用に問題はないのでヨシとしました。

7CC6C97D-FDE3-498D-B996-3D9C4CE542A1

トップキャップ裏は割とガチャガチャしていますが、サイドから入ったエアーが通るように層になっています。

9E1E60C0-2B64-465C-9E67-39E4EE6A0E28

で、これがタンクの中心から柱のように伸びているパーツの下部。穴があいていますが、チャージしたリキッドがここから出てきます。

F6023FE7-FEF1-43BE-AE7E-9DAF7C466C09

この中心の穴の部分、これがスプリングによって押すと下がって、離すと上がってきます。

押しているときだけタンク内部にリキッドが入るようになっています。弁のような役割を果たしているわけでござる。

7275F06A-7EDC-49A7-AD80-D5A94618588D

F7692CB5-27A3-40C5-A41B-B19922F1C684

こんな感じにね。

リキッドチャージする

F79BEB23-06EF-46EE-A756-02262670FE15

リキッドチャージはトップキャップを装着したままで可能。一番中心の部分に

A0CD5D6C-B223-4E86-8EE8-78DB190E9E5B

適合するボトルもしくはスポイトを押し当てて、そのまま中に出します。

36F5BCD8-DA43-4548-A316-44DC214E8C06

出てきましたねぇ!!!!

トップキャップすら外さなくてもリキチャができるというのは極めて簡単で、手を汚すポイントが一個もないという素晴らしいシステムです。

ARCコイル

アスパイアラジアルコイル(Aspire Radial Coil)の頭文字でARCということらしいですが、これがまぁすごい。せっかくなのでよっく見て。

D9D2B4AB-39FC-46A8-9366-267E7D9BD62F

抵抗値は0.1Ω~0.16Ωで対応ワッテージは50W~100W。かなり抵抗値が低いでやんす。デュアルバッテリーのMODもしくは21700クラスのMOD推奨です。

以前Theorem icon-external-link というアトマイザーに採用されていたノッチコイルとかいうコイルがありましたが、それの平べったい版のような感じを受けます。これがコイルの役目を果たすのだから、よく考えるなぁと感心してしまいます。

C87F6213-AB30-4028-99C3-CFD2776EE876

裏側がこのようになっており、何やらコットンの役割を果たすものが敷かれています。ただ、これがコットンなのか何なのかは分かりません。

MODにセットしてみます

4FFC4A07-BA0F-44DB-AC40-D43DE81AFFEE

満タンになったのでMODにセットしてみますよ。

0EE4C12B-D2C4-4439-A705-1DABB6BF980E

iPV8 icon-external-link とのフィッティングが気持ちいいほどフィット!!!

使ってみますね

こいつぁすごいぞぉ!!!!!!

はぅ。ついテンションあがってしまいました。

なにがすごいって

爆煙がすごい。のにミストが熱くない。味が割とクリアでハッキリしてる。

普段は爆煙するとなるとけっこうな熱さのミストを吸い込むことになることがほとんど。それ故にむせる。しかしこれにはそれがない。肺に入れている感覚的なミストの量と、実際に入っているミストの量の差がすぎょい。想像を超えている。

それだけではありません。味もよく感じることが出来る。これもすぎょい。入れているのが低抵抗爆煙に適しているMedusa icon-external-link だからかもしれませんが、それを加味してもおいしいです。

あとね、スピットバックガード(取り付けネジ)がうまく機能していて、跳ねっかえりミストたちが口の中に入ることはほとんどありませんでした。

でもあれね。吸気音のしゅぴいいいいいいいいいいっていう音が気になるね。

あと、いくら吸いやすくてもいわゆる「爆煙疲れ」がしますね。ずっとは吸ってられない感じ。だからたまに「ぶっふぁあああああ」ってするためのものかもしれないです。人によるでしょうが(^ω^)

この新感覚のアトマイザー、面白みがつおいので是非吸ってみてもらいたいです。

定番になるかどうかは別として、これを考えた人はすごいなぁって思います。

Revvo Tankの購入はこちら

ベプログショップ

Revvo Tankのクチコミ

 icon-arrow-circle-down いいね!って思ったら押していただけると喜びます icon-arrow-circle-down 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

 

関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ