「The Troll V2 RDA by WOTOFO」アトマイザーレビュー

やっぱり横乗り系は楽しくてしょうがない!!

スノボから始まり,スケボー,ペニー,サーフィン,そしてウェイクボード。

それぞれ特徴があって非常に奥が深いです。サーフィンとか立てたことないけどね。

ウェイクスケートなんかもチャレンジしてみたいですな。

今回はRDAのレビューですよ。

WOTOFO

「The Troll V2 RDA」

image

こいつですね。この顔どっかで見たことあると思ったら

昔Twitterのアイコンのベースにしている変態さんがいました

開封

image

image

ちゃんとオーセンティック(本物)かどうか調べるスクラッチシールが貼ってあります。

Scratch me(私をキズつけて!!)なんて,なんともそそる言葉なんですけど,トロールくんの顔を思い出すと「Mかてめぇ!!」なんて苛立ってしまいます。

image

image

この黒い包装ブツはなんなんですか!!

image

こういうことでした。コットンまで入ってるのね。

コットンもコイルも入っているので、あとはMODとリキッドだけでいいという。

スペック

  • 直径 22mm
  • デッキ深さ 10mm
  • エアホールが2パターン
  • PEEKインシュレーター(ドイツ製)
  • Gold Plated510コンタクトピン
  • 2.7mmワイヤーホール

本体

image

バラします

image

一般的なパーツで構成されています。

デッキにOリングが3つもついているんですが,これの恩恵でまぁ固い。外しにくい。おかげで漏れにくい。

image

image

ベロシティタイプのポールに2.7mmもあるワイヤーホール。

クラプトンワイヤーなんかも楽々ビルドできちゃいます。

イモネジは横から挟み込むタイプです。

image

ジュースウェルが深いです。かなりの量をドリップできます。

ただ,普通のサイドエアフローなのでリキッドをヒタヒタになるまで入れると,横にした時に全部漏れます。

横にするときは全閉にしなければいけないので注意です。

image

image

これが異なる形状のサイドエアフロー。

わかりますか?

思うのですが,エアフローを絞ると形状上どんどん縦になっていくんですよね。通常,このタイプはコイルを横にセットするものだと思っていて,エアフローを絞るとコイルにエアーが当たらなくなってしまうんですよね。

そこが味にどう影響するか。。。

あ,味の違いですか?それはまた後述します。

image

image

image

付属のワイドボアドリップチップと,付属の510接続アダプターを装着すれば510ドリップチップが使用できます。

TSUNAMIもこういう設定でしたが,このような「選べる設定」はとても親切でいいと思います。

image

裏はこんな感じです。

ポジティブピンは出ているので,ハイブリッド接続が可能になっています。

ビルド

ビルドといっても付属のコイルをセットするだけというね。

image

image

コットン挿入します

私は割とキツめ派。スルスル通らないくらいにはキツめの量のコットンを使用します。

image

こんな感じです。

なぜシングルかというと、デュアルセッティングしたときに撮影忘れるという体たらく。すんまへん

使用感

エアホール全開ですとかなりスカスカです。

デュアルとシングルを運用したのですが、これ、まずデュアル前提のアトマイザーだったんですね。

エアホールを片側だけにすることが出来ないことから、シングルよりデュアルのほうが味が出ていたように思います。

味の出方としては普通においしい。そして間違いなく爆煙仕様。

ただ、スリットの切り方を2種類にするよりはシングル運用もできたほうが個人的にはいいと思いました。正直どちらのエアフローも味の出方としては差異は感じられなかったからです。

そういったことからも爆煙仕様を常用としている人向けだと思います。

シングルでもめっちゃミスト出ますもん。

なにより安価なのでコスパはかなり優秀。

 

【提供】電子タバコ専門店 VapePower

スポンサーリンク

 

国内最大級の口コミ・情報共有サイト

新作リキッドやベストセラー等の気になるリキッドの口コミ見ることができます。ランキングはもちろん味別での検索も可能。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

 

関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ