「Origen Tiny Tank 16 by Norbart」アトマイザーレビュー

---告知---

今月、激安リキッド屋さんであるVAPE ONがオープンから1年が経ちます。そして周年祭として「商品全部30%OFF」とかいう狂ったイベントやるみたいなので告知します。詳細は画像クリック icon-arrow-down ちなみに開始時間は12/8 19:00~だそうです。

img_0114

AmbrosiaのMedusaが日本国内で枯渇した時期がありまして、Ambrosiaのオーナーに連絡を取り直接売ってくれまいか」とお願いをしたところ、「送料高いし、japanで今度Medusaを取り扱うショップが出来るからそこのオーナー紹介したるわ!」という流れがきっかけでVAPE ONのオーナーさんと知り合いました。オーナーさんとはそこから仲良くさせていただくようになりまして、ありがたい限りです。今後も是非頑張ってもらいたいと思っています。

ちなみにプレゼント企画もあるのでこちらも要チェックです icon-arrow-right https://t.co/3D92AHGAhn

---告知終わり---

もう最近気になるアトマイザーばかりで目に毒。ホント目に毒。

世界中のメーカーは三カ月くらい新作リリースするのやめてくれないかね。割とガチで。

ということで物欲に負けた私が買ったアトマイザーのレビュー

Norbert

「Origen Tiny Tank 16」

 image

細長いね!!

これの考えられる良さというのはドリッパーのような味を出しつつタンクのような楽ちん運用。

これに尽きると思われます。origen16をポルシェボクスター(レンタカー)に浮かれている間に紛失したという経緯がある私としては是非手に入れたいアトマでございました。

ということでさっそく見ていきます。

概要

  • 直径 16mm
  • 高さ 32mm
  • ステンレススチール
  • タンク容量 約1,5ml
  • シングルコイル
  • ハンガリー製
  • ドリップチップは付属しません(上の写真のDTは今は亡きorigen littleの遺品)

画像を見ていただくとわかるのですが、径が16mmのタンクタイプということですので細長い印象です。

なぜかOrigenシリーズ大好きなんですよねぇ。おいしいし見た目もいい。

自然と高まる期待感。

分解

image

一番左がデッキで一番右がタンク。

origen littleと大きく違う点が、こちらはシングルコイル前提というところです。

ですのでAFCリングにホールは1つでスリーブにも片方しか穴が開いていません。

image

4つ開いていますね。一番大きなエアホールでもそんなにドローは軽くないですが、16mmというアトマイザーの中ではだいぶ軽い部類かと思います。タイトドローが苦手な僕にぴったりじゃんかよ。

14mm、16mmで軽いドローのアトマがもっと多くてもいいと思うの。

そう思わない?

image

底面にはいつもみたいに手書き風なマーキング。

世界でバカ売れなはずなのになぜ一桁台なのか。そういえば0007の人が身近にいたんですよね。今度会ったときにこっそり替えとこ。それにしても若い番号やゾロ目に惹かれるのはなんでなのかしら。

ウィックへのリキッド供給

上のタンクにはもちろんリキッド、下のデッキには通常のorigen littleのようなデッキ。

タンクから伸びている2本のチューブのようなところからリキッドが落ちてきます。

image

いわゆる負圧システムを利用しているということでしょうかね。

VAPING中、デッキ内の気圧が下がります。するとタンク内部のリキッドがデッキの方に引き寄せられることでリキッドがポタポタ落ちるわけです。こうやって常にウィックにリキッドを補充するということですね。

たぶんね。

ビルドしてみる

ポールは2ポール。

一見デュアルもできそうですが、先述のとおりシングル用です。

ということで組んでみます。

image

24g3mmコア5ラップ非マイクロ

image

で、これは個人的なビルドのこだわりなのですが、エアホールの高さとコイルの高さを合わせたいタイプ。エアーを直接当ててあげたいタイプ。

image

こういう感じ。うん、ちょっとズレてるけどね。

image

image

image

image

こういう感じに後ろ側にコットンを回り込ませます。この画像でいう手前のコットンの先端にリキッドが落ちる算段。

ただ、3mmコアでコイルを作るとなんか窮屈なので2.5mmのマイクロくらいがちょうどいいかもしれませんね。

次はタンク部分にリキッドを入れます。

image

この二本の穴のどちらでもいいので、ボトルの先端を突き刺し注入します。

ですが、先の部分が太めのリキッドだと難しい気がします。先がシリンジみたいになってるのが理想ですね。

そして充填が終わったらデッキに装着します。

image

そして意外にもリキッドの出入り口を下にしてもリキッドは出てきませんでした。

すごいね!!

image

デッキへの装着の仕方としては、リキッド注入口が赤い〇のところにくるようにセッティングするんですね。

シングル運用しかできないというのはこういうことだったんです。

吸ってみます

うむうむ。うまい。

エアホール最大でも若干タイトだったのが意外でしたが、ゆっくりじっくり吸いたい感じですね。

少なくとも爆煙には不向きです。今回はちょっと抵抗値低めですが0.8Ωの20Wくらいがちょうどいいかも。

いやしかしドリッパーの味なのにいリキチャしなくていいことの素晴らしさよ。

スカスカドローが好きな人にはちょっとオススメしにくいですが、細い径とタイトめなドローが好きでリキチャが煩わしいと思っている人には激しくオススメしたく候。

 

そしてデッキにちゃんとリキッド供給されてるかなーと思い開けてみたら

image

ちゃっぷちゃぷぅぅぅぅ!!

こういうの好きじゃないんですよねー。横にすると絶対漏れるやん。

ということで

ウィッキング変更

コットン増やしちゃおう、と。

image

このようにコットン追加。

ちゃんとエアーの通り道を確保しながらコイルと逆サイドの壁に沿わす形にしてあげる。

image

横から見たところ。ちょっと小山のようにしてあげました。

こうすることでチャンバー内の空間が狭くなり、よりおいしくなればいいなと期待も込めちゃう。

その結果。

海にならないンゴ!!!

味にそんなに変化はなかったような感じ。。。

ですが、快適なVAPINGを実現することができました。

あとはそのままポケットに入れてお出かけしても漏れないか。これ重要。

漏れ検証

image

このようにティッシュペーパーを軽く巻いて出勤。

そしたらどうしたことでしょう。

1滴もリキッドが外出した様子がありませんでした。

小山がいい仕事してるぜえええええええええええ!!

「コイルの逆サイドに小山」これポイントね。

ビルド番外編

どうしてもシングルでしか運用できないため、ツイスト以上にしてあげたほうがミスト量増えんじゃねーのかな。という浅はかな考えで作ってみました。

32g×5本のツイストに32gをクラプトン巻き

32gカンタル線の消費が捗るぜ!!

image

image

2.4mmコア5巻で0.55Ω。これなかなか良いwwwうまいよwww

ちなみに、クラプトンコイルって、自分で作ってみると思い入れが入って加点しがち。

でも楽しいからやってみてもらいたい。

一家に一台は必ずあるドリルドライバーで作れますから。

【購入元】VAPECHK

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。

クチコミサイト


日本最大級のVAPE口コミサイト「ベプログ」。試飲できる環境にない方で,味のイメージを掴むためにはとても便利です。ランキングがあったり,味別検索もできるので参考になると思います。
私は,大好きなリキッドが酷評されていたりするのを見て「なるほど,そう感じる?!うひゃひゃ!!人の味覚って面白ぇ(・∀・)」という少し特異な楽しみ方をしています。

スポンサードリンク

RockMeVape
海外製リキッド専門店Rockmevape。
2014年度No.1ヨーロッパ最優秀リキッドメーカーのLiquideoも数多く取扱い。

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!

HiLIQ
清涼剤が個人的にはすごい好き。メンソールは嫌いだけども清涼感はほしい!!なわがままな私みたいな人にはぜひ試していただきたいと思います。

image

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ