dotRDA single coil by dotMod(ドットモッド)【アトマイザー】レビュー

スポンサーリンク

F973EB23-4A55-43BA-9DC0-1A53ADFB708C

 

dotRDA single coil

by dotMod

 19CB8AC2-76A4-4B09-88E4-8A5EB57DCA03

【提供】dotMod

スペック

  • 直径:22mm
  • 24金メッキのブラス(真鍮)デッキ
  • シングルコイル前提
  • 7mmのジュースウェル
  • 5mmのワイドエアホール
  • BF対応

内容物

  • dotRDA single coil×1
  • クリアキャップ×1
  • ウルテムビューティーリング×1
  • ドリップチップ×2
  • コイルジグ&コイルロッド×1
  • ノーマルピン×1
  • BFピン×1
  • プリメイドコイル×2
  • 予備パーツ

*この記事ではトップキャップのカラーが複数登場しますが、すべてが付属するわけではありませんのでご注意を。購入時に選ぶカラーのキャップとクリアキャップでワンセットです。

開封&外観

C3DE9D68-05C1-4B6F-ABB5-375A77E512AD

10008A5C-2DF1-4E68-BC47-7B5878DF31B3

BOXはしっかりとした素材のもので、フタの裏側はゴールドに輝く煌びやかな見た目。

豪華絢爛ですね。素晴らしいと思います。私はこういうのが大好きでねぇ。

07D75DA4-8222-4D1D-825E-E523255680F6

右下の黒いパーツはコイルを作るときに使うのですが、あとで説明することとしましょう。

FFD9BD12-5ABD-4768-BFFB-233DC0D43235

この予備パーツを入れるビンなんかもオシャレで素敵。

コルク上部にはドットモッドのマークがあったりして抜け目がない。スキを与えないスタイル好き。

3E21C093-2906-47A5-9822-666F42A648F2

背の低さにまず目がいくと思いますが、例外なく私も「おお、ひっくい!!」と声を漏らすところでした。

塗装がとても綺麗で、これについてはさすがdotModクオリティといったところでしょうか。

滑らかな触り心地で素晴らしい。

DC053BA4-67BE-4523-831B-91CFE50045B3

デフォルトで装着されているのがBFピン。

03672635-D6C7-46C1-B48F-19AE49F3D0DC

これが5mmあるというエアホール。

ちなみにこのキャップはアルミ製ですがハードアルマイト処理をされているので、ノーマルのアルミよりも硬く摩耗しずらいそうです。詳しく知りたい方はググってみてください。

63BCF668-5938-456B-B3C7-582AE3178DDF

トップキャップ裏は、少々の段差があるけども全体としてはテーパーがかかっているような形状。

ドーム型というよりは「テーパーがかかっている」というイメージ(たぶんおそらく)。

57CAC928-D92A-45D3-860D-D722D536EA4A

これまた煌びやかなデッキですね。

中央部のパーツががけっこう盛り上がっているので、ジュースウェルが7mmあるとはいえ、リキッド保持量はそこまでありません。

それを踏まえるとBF運用がベターなのではないかと思えたり思えなかったり。

19B30144-4618-4A4F-9B85-572C1E45C0FE

ワイヤーを留めるのは六角。

だがしかし一つ気になったのが、ネジの横にはデッキの壁がそそり立っている。また、ネジの向こう側の壁に穴が貫通しているわけでもない。

つまり、デッキにコイルを装着する前に、足の長さを適当な長さにカットせねばならないのです。

これについてはまた後ほど説明をしますが、そのための冶具が先ほどの黒いパーツです。そのパーツがなければリビルドの難易度が上がるので、面倒といえば面倒ですね。

それともう一つ。

エアホールの出口位置が少し下にあるので、コイルはギリギリまで下に下げてもコイル全体にエアーを当てることはかなり難しいと思われます。

エアホールから出たエアーがそのまま真っすぐ走ると仮定すると、コイル下部に集中的にエアーが当たるような設計になっています。

D7D3F8DC-327E-4F71-8CBE-890D062D8448

デッキ横にはコイルロッドを置くガイドが設けられています。

おそらくこの高さがベストポジションになるのでしょう。

コイル冶具

63C49BAA-E57E-46BC-8DA0-DA3C55F172A6

こちらは付属のプリメイドコイルをハメこんでいるので、すでに出来上がった状態です。

見ていただくとお分かりになると思いますが、機能としては「コイルの足に角度をつける」「コイルの足の長さを教えてくれる」というものです。

マニュアルにやり方が書いてあるので、それに従えば

7BA34E68-E284-405D-AB12-E5D906F10CF5

このような形状のコイルが完成します。

一応公式の動画を貼っておきますね。

コイルをセット

469A0F93-77A8-43CE-9C68-02790C5422B2

コイルをデッキにセットしたら、ネジを本締めする前にコイルロッドをコイルに挿入しる。

そしてネジを締めてコイルを固定。

4FAF272D-FF85-4650-BBEE-013C214CA7AE

はい。

あとはホットスポットを除去します

B5B3428A-70B1-4830-91AB-22D3BAC03AE2

じゅわあああああああ

ちなみに抵抗値は0.28Ωでした。むむむ。低いぞ。個人的にはシングルコイルの場合、0.4~0.5Ωくらいがちょうどいいのではないかと思っているタイプ。

116793CA-00FF-4B40-A2B2-F1319F4AA3C9

コットンをセットし、リキッドをチュッチュしてキャップを装着したら完成です。

37AB805E-C3B5-4E5E-A568-A4771A55C9A7

嗚呼、良いではないでしょうか良いではないでしょうか。

MODは同メーカーのdotBox Dual Mechというものであり、レビューについては下記参照のこと。

吸ってみます

「しょおおおおおおおおおおおお」

タカユウ「けっこうえげえつない吸気音するねキミ」

笛音ではないタイプの吸気音。「しょおおおおおおお」とかそんなような音がします。これはコイルの高さやワイヤーの種類によって差が出てきそうではあります。

味についてはいかんせん0.28Ωコイルをガバガバエアフローで吸うもんだから、ちょっと輪郭がボヤけてしまう印象。

テクニカルで出力を調整してあげればいいのだけれども、メカで吸っちゃったもんだから爆煙。ただただ爆煙。0.28Ωをメカで運用すると最大で63Wの出力になるのでそりゃ爆煙にもなりますよねぇ。

ちょっとテクニカルに載せ替えて吸ってみましょう。

26~28Wくらいでちょうどいいですね。

吸気音は相変わらずですが、吸い心地・ミスト量・味のバランスが良い。

ただ、抜群においしいか?と聞かれると割と普通。味の解像度が抜群に高いわけでもミストがシルキーというわけでもないけど普通においしい。そんな感じ。

付属のプリメイドコイルを使用する際はテクニカルでの使用をオススメします。

7F1699D7-16BA-4D2A-A036-39FA2A5AA149

クリアキャップも良い感じですのコレ。ウルテムドリップチップとウルテムスラントリングとの組み合わせが最高だと思いませんか?

1つ注意なのが、スラントリングの厚さのせいでMODによっては接点がとれず「チェックアトマイザー」となる可能性があります。

まとめ

  • 見た目がとにかくカッコいい
  • 仕上げが丁寧
  • 背が低い
  • ビルドにひと手間必要
  • 吸気音が大き目
  • 味は普通

【販売店情報】

dotMod

Giveawayするよ

今回レビューしたdotRDAを二つ送ってもらったのですが、一つはGiveawayして大丈夫だ!!!ということでした。送料もつのは僕なんだけどね。

ともあれ久しぶりにGiveawayをします。ちなみに未開封なのでカラーは不明。

【応募方法】
私のTwitterアカウントの固定ツイートにしてある、この記事についてのツイートをRT。
該当ツイートは10/25中にツイートします。

【応募期間】
10/31 23:59まで

【発送時期】
11月初旬を予定

【当選者には】
DMにて通知。DMは受け取れるようにしておいてください。DMが送れない場合は無効。再抽選もしくは繰り上げ当選。

 icon-arrow-circle-down いいね!って思ったら押していただけると喜びます icon-arrow-circle-down 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ