「iStick Pico by Eleaf」スターターキットレビュー

---告知---

今月、激安リキッド屋さんであるVAPE ONがオープンから1年が経ちます。そして周年祭として「商品全部30%OFF」とかいう狂ったイベントやるみたいなので告知します。詳細は画像クリック icon-arrow-down ちなみに開始時間は12/8 19:00~だそうです。

img_0114

AmbrosiaのMedusaが日本国内で枯渇した時期がありまして、Ambrosiaのオーナーに連絡を取り直接売ってくれまいか」とお願いをしたところ、「送料高いし、japanで今度Medusaを取り扱うショップが出来るからそこのオーナー紹介したるわ!」という流れがきっかけでVAPE ONのオーナーさんと知り合いました。オーナーさんとはそこから仲良くさせていただくようになりまして、ありがたい限りです。今後も是非頑張ってもらいたいと思っています。

ちなみにプレゼント企画もあるのでこちらも要チェックです icon-arrow-right https://t.co/3D92AHGAhn

---告知終わり---

最近カレーを毎週3リットルくらい作って弁当にしたりカレーうどんにしたりカレードリアにしたり、汗がカレーのニオイになるんじゃねーかっていうぐらいカレー食べてます。

具は玉ねぎと肉のみ。本当はジャガイモ入れたいのですが、冷凍保存が前提なので却下せざるを得ないのが辛い。ニンジンなんか単価が上がる上にたいしておいしくもないので論外。ブロッコリーなんて入れて彩りを気にするほど意識高くない。なによりまずい。誰かが言ってた。「あれ凝縮した森じゃん」って。ほんそれ。

あと,煮込むときトマト缶入れるとマジうまいし,玉ねぎは一時間くらい炒めると飴色どころじゃない色になるけど本当においしくなるからみんな真似していいよ。

ということで今日は超人気のスターターをレビューします。

Eleaf

「iStick Pico」

 image

ちっちゃい!!

なのに高性能!!

ちっちゃい!!

なのに18650バッテリー仕様!!

このサイズ感に高機能を付与し、さらには長時間稼働を可能にしたこいつは上級者ですら一目置く存在に。スターターはさらに優れたステップへ移行しているのは間違いないですね。

最近スターターのレビューでいちいち褒めていますが、本当にその都度褒め要素があるからすごい。

スペック

出力モード:VW / Bypass / TC ( Ni, Ti, SS, TCR-M1, M2, M3 )

設定温度範囲:100 ~ 315℃ / 200 ~ 600F ( TCモード)

出力範囲:1W~75W

抵抗値範囲:0.05 ~ 1.5ohm ( TCモード ), 0.1 ~ 3.5ohm ( VW / Bypassモード )

使用バッテリー:ハイレート18650、連続放電25A以上(別売)

接続:510規格、スプリング式

ファームウェア:USBケーブルにてアップデート可

TCRモードってなんぞ!!という方は,最近笑点ネタでいじられまくっている方のブログにkwsk書いてあるので,そちらにドゾ。

温度管理で使う「TCR」のこと

セット内容

image

image

  • 1×iStick Pico
  • 1×MELO Ⅲ mini (アトマイザー)
  • 1×EC 0.3Ωコイル
  • 1×EC 0.5Ωコイル
  • 4×アトマイザー用シールリング(ピンク、スケルトン)
  • 1×USBケーブル
  • 2×ユーザーマニュアル

サイズ感

まず特筆すべき点はそのサイズ感ですね。

何個か比べてみます。

image

左がnugget   右がmini volt

バッテリー容量が1000mAhレベルのMODと比べるのは酷な気もしますが、かなり健闘してるじゃまいか

image

大人気TOP BOXと並べてみると同じ18650仕様でこの差

このサイズが手のひらにすっぽり入っていい感じなんですよねーホントに。

は?これで18650のレギュレーテッド??嘘言うなよクソが!!!と言いたくなるレベル。

しかも75W運用ができるんだからかなり優秀ですよね。

まぁ50Wすらほぼほぼ使わないので「必要か?」という思いはありますが、使えるに越したことはないですもんね。ホラ,急に極太クラプトンビルドをしたアトマイザーを載せることがあるかもしれませんし。

外観

image

右のボタンがファイアボタン

そして大き目で輝度が高く視認性のいい液晶

左にはUSBポート

ファイアボタンといえば丸型が多いのですが、これは楕円で非常に押しやすいです。しかし、ほぼ中心を押さないとうまくクリックできませんでした。デザイン的にとてもグッドっすねー。

image

トップ側

コンタクトピンはスプリングでスレッドは510規格なので、様々なアトマイザーを使用可能。

そして横のポッコリしている部分がバッテリーが入るところであり、このキャップに高さがあるおかげで18650バッテリーを収納することが可能になっています。

ただ、設計上22mmを上回る径のアトマイザーは使用できない部分だけ注意ですね。

image

キャップを開けるとこんな感じ

キャップの裏側には「マイナス極はこっち側にしろよな!!」という印がついています。

つまり、バッテリーのプラス極側から挿入する形になります。

image

ボトム側にはベントホールとup/downボタン。

モードや出力をしょっちゅう変更する人には多少面倒かもしれませんが、私のように一回セッティングが決まりさえすればほぼ変更しない人には特に気にならないと思います。

これらのボタンが見えないところに配置されることで、全体的にスッキリした印象にしています。

個人的にはこれは高ポイント。見た目はスタイリッシュじゃなきゃね!!

全体から細部までの写真を見てわかる方もいるかもしれませんが、作りはかなりいい方だと思います。

エッジ処理をきちんとしていて手にやさしい金属加工から、マットのようなしっとり感触の塗装まで気に入らない点が見当たりません。

多岐にわたるモード

まず、5クリックでON/OFF

ファイアボタン3回クリックでモード変更画面に切り替わり

up.downボタンで切り替わっていきます。

image

SS(ステンレススチール)温度管理モード

image

Ti(チタン)ワイヤー温度管理モード

image

Ni(ニッケル)ワイヤー温度管理モード

image

バイパス(疑似メカニカル)モード

私はこのモードにちょっとしたトラウマがあるのであまり使用しないことにしています。

チップが違うので大丈夫だとは思うのですが、なんとなく避けたいモード

image

image

image

これらがTCRモード

 

狙ったモード表記のときにファイアボタンを押下することで決定することができます。

そんなに難しい感じはしません。

MELO Ⅲ mini 

image

アトマイザーですね。

背丈は最近定番化しているショートタイプ

タンク容量は2ml

image

いっけね!ガラスをバラすの忘れてたてへぺろぉ!

分解洗浄ができるのも良いですよね。

image

そして安定のトップフィル機構でリキッドチャージも楽々です。

もはや一回使うとその簡単さに心を奪われること請け合いのシステム。

image

これがプリインストールされているコイル

抵抗値は0.3Ωで、推奨ワッテージは30~80W

付属しているコイルも0.5Ωと今や当たり前になっているサブオームなので、爆煙が可能となっている模様。

もはや「爆煙の是非という議論など不要!!」と言わんばかりの爆煙セッティングを促してきています。

爆煙大好きな私にとっては諸手を挙げてウェルカムですが、そうでない人のためのコイルをご用意していただけるとより良いのではないかと思う次第ではあります。

リキッドは全て吸い尽くせよな!!

と言っているような位置に大きなジュースホールが存在します

image

ココ。

このホールがタンク内の最底辺にまで及んでいるため、余すことなくリキッドを消費できるようになっています。

これはとてもいい仕様だと思います。

「違うリキッド入れたいのにまだ底にリキッドがいるのおおおおおおおお!!そしてそのリキッドがジュースホールに届かないのおおおおおおおおおおお!!」という状況にならないので、シリンジで吸ったりしなくていいのですもの。

惜しい点としては、ジュースコントロール機構があれば完璧だったんですよね。ほら、あのジュースホールの開閉ができるシステム。

個人差はありますが、吸わない時間が多くなってくるとどうしても漏れやすくなってくるので、もし「しばらく吸わないなー」って時にはアトマイザーを逆向きにしておいたほうが安心だと思います。

見えないエアホール

通常、エアホールは外から見てどのくらいOPENしているのかが見える仕様のものが多いのですが、これは見えません。

image

このレーザー刻印されているリングがエアフローコントロールリングとなっていまして、時計回しをすると開いていき、反時計回しをすると閉じていきます。

「見えないエアホール」に美徳を感じているのかもしれませんが、真意はわかりません。

スタイリッシュに見える気がしないでもないですが。

まぁ説明は以上にしておいてさっそく吸ってみます。

間違いない、爆煙ッス

0.3Ωのコイルを40Wで吸ってみましたが、煙量は間違いなく爆煙と言っていいレベルでしょう。

意外と言っては失礼ですが、予想を超えたおいしい味を再現してくれます。

個人の好みはもちろんあるでしょうが、私が好きなタイプですね。

しかし、エアフロー全開にしても若干の重さを感じるので、スッカスカエアフローで爆煙!!というタイプを求めている人には物足りないかもしれません

逆に、スカスカはイヤだよ!!吸いごたえは必要でしょうよ!!という方にとってはバッチリキメられるアトマイザーに仕上がっていると感じます。

ちなみにリキッドはジャバジャバ減ります

え!もうカラなの?!という具合に

まぁ爆煙ってそういうものですしおすし。

中級者以上の人にもかなりの高評価を得られるモンスタースターターター

正直個人的には見た目、質感、機能どれをとっても素晴らしいモノだと思います。

小さいMODが欲しい

バッテリー容量は確保したい

TCR含め温度管理をしたい

お求めやすい金額でガシガシ使い込みたい

こういうワガママな意見を全て叶えてくれちゃいますので

もはや「こういう人におすすめ」というよりは「誰にとっても不足なし」といってもいいと思います。

デュアルバッテリーがいいとか200W欲しいとかsxチップじゃなきゃイヤだとかじゃなければですがね

 

【提供】rockmevape

img_9815

pico買っちゃいなよ。ブラシドステンレスもオールブラックもかっこええで。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。

クチコミサイト


日本最大級のVAPE口コミサイト「ベプログ」。試飲できる環境にない方で,味のイメージを掴むためにはとても便利です。ランキングがあったり,味別検索もできるので参考になると思います。
私は,大好きなリキッドが酷評されていたりするのを見て「なるほど,そう感じる?!うひゃひゃ!!人の味覚って面白ぇ(・∀・)」という少し特異な楽しみ方をしています。

スポンサードリンク

RockMeVape
海外製リキッド専門店Rockmevape。
2014年度No.1ヨーロッパ最優秀リキッドメーカーのLiquideoも数多く取扱い。

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!

HiLIQ
清涼剤が個人的にはすごい好き。メンソールは嫌いだけども清涼感はほしい!!なわがままな私みたいな人にはぜひ試していただきたいと思います。

image

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ