タイはVAPEの持ちこみ禁止?!持ち込めない国リスト

スポンサーリンク

 

wotofo_6th_anniversary_sale_500-X-200

最近Google先生のアルゴリズムが変更になったとかならなかったとかで検索順位が著しく低下しています。それが原因だと思われるPVの激減によりモチベーションが3くらいしかないです。

そんなことはさておいて、海外旅行において注意しなければならない点があります。それは「その国へ持ちこんではいけないもの」や「してはいけないこと」。日本では当たり前にやっていることが国外では罪になるなんていうことは珍しいことではありません

例えば日本でいわゆる不倫(不貞行為)をしたとしても慰謝料くらいで済みますが、石打ちの刑によって死ぬまで石を投げられる国もあります。不貞行為に及んでいるお前ら、国が国なら殺さることをしているんだからな!!

さっそく話が逸れましたが、これはVAPEにも当てはまるようで、今回はその点について考察していこうと思います。

事実というか実際に耳にしたことを話すだけなので考察もクソもないけども。

〇 〇 〇

ということで海外旅行や海外事情に疎い私にそんな情報を流してくれたのはTwitterでした。

こちらのツイートがタイムライン上に流れてきて「マジっすかぁ!!!!!」となったのが事の発端です。

「こ、、、これが事実だとしたらVAPERに周知しなければタイで大変なことになってしまう!タイだけにwwwwww」

IMG_1455

タイには行ったことがありませんでしたが、たぶんこの情報がなければVAPEを持ちこんでいたと思います。結果的にはお咎めなしでしたが、台湾に行ったときも「どこで吸えるのか、そもそもVAPEはOKなのか」を気にしていませんでした。

もしもそれがタイだったら・・・と思うと怖すぎますね。

〇 〇 〇

先ほどのツイートをしていたNaoyaさんはブログもやっておらているようで、実際に捕まってしまった方とのへのインタビューの様子なんかも記載されていました。その記事もじっくり読まさせていただきました。

ので、こんなすぐふざけちゃう記事よりも本家さんの記事を読んでみてください。DMでNaoyaさんに了解はいただいています。

読みましたか?わかりましたか?

タイでは電子タバコ(加熱式含む)の所持および使用は違法であり、違反すると最高で懲役10年、罰金50万バーツ(約170万円)のいずれかが科される。

結局はこれを知っているか知らないかというだけのことですので、これを頭に入れるとともに、海外旅行に行く際はVAPEがOKなのかどうかを確認したほうがいいですね。しかし所持で最高懲役10年はやばい。私も気を付けます。

〇 〇 〇

有益な情報をいただいたNaoya Akashiさんありがとうございました。もしかしたら「思っていたよりクソな記事を書きましたね!」と思われたかもしれません。こういうブログなんですw

電子タバコ・VAPEの持ち込みや所持を避けた方がいい国

以下のリストは、私がネット上で知り得た情報なので、信ぴょう性については不明です。また、規制は日々変化していくものなので、渡航されるときには各々下調べをすることが肝要だと思います。

  • 中国
  • 台湾
  • マレーシア
  • タイ
  • カンボジア
  • ヨルダン
  • シンガポール
  • イラン
  • サウジアラビア
  • アラブ首長国連邦

台湾ダメなんか!!!!!!!ワイってば去年持って行ったのだが空港での没収とか注意はいっさいなかったぞ!!!!!!

日本国外へVAPEを持ちこむ際には、行先のVAPE事情を調べてから判断されることをオススメいたします。

そもそもアイコスやグローといった加熱式タバコとVAPEが切り離されて考えられているのか、同じものとみなされるのかも国によって認識が違うかもしれません。プルームテックだと構造としてはVAPEみたいなものだし加熱式タバコと言えるのかどうかもわかんないねぇ。

*追記*大使館に聞けばいいんだ!!

Twitterのフォロワーさんで、台湾に行く際に大使館に問い合わせをしていた方がいらっしゃいました。そのときのやり取りを特別に教えていただいたので下記に記載します。

【問い合わせ内容】

From:embassy<embassy@msg.cameo.tw> To:information<information@mofa.gov.tw> Date: Thu, 10 May 2018 09:16:56 Subject: [駐外網站訪客留言] 來自 ■ 的訊息,

時間:2018-05-10 09:16:47 (台灣時間) 留言時間:2018-05-10 09:16:47 (台灣時間) 館處:台北駐日経済文化代表処 姓名:■ 電子信箱:■ 電話:

■ 主旨:質問-台湾における電子タバコと加熱式たばこの扱いについて 內容:初めまして。今月末から台湾に1週間ほど旅行に行きます。 つきましては、電子タバコ(vape)と加熱式たばこ(iqosやglo)の台湾における扱いを教えて下さい。私の認識では、下記のとおりです。あっているかどうか教えてもらえませんでしょうか。 ①台湾の公共の場では、電子タバコも加熱式たばこも利用は不可。 ②公共の場でなければ、台湾においても電子タバコと加熱式たばこの利用は可能。 ③台湾で購入した電子タバコや加熱式たばこを日本にお土産として持ち帰ることは可能。 その他、台湾での電子タバコ(vape)と加熱式たばこ(iqos、glo)の扱いについてご存知のことがあれば教えてください。よろしくお願いいたします

* 本郵件是由系統自動寄送,請勿直接回覆 *

【回答】

From: 何素玉 <ho7905@customs.gov.tw>

日付: 2018年5月14日月曜日

件名: Re: Fw: [駐外網站訪客留言] 來自 ■ 的訊息,

時間:2018-05-10 09:16:47 (台灣時間)

To: ■ ■ 様

台北駐日経済文化代表処ホームページにご意見等をお寄せいただき、ありがとうございます。 5月10日にご照会いただきました、電子及び加熱式タバコの持込に関しては、次の通り回答いたします。 台湾の所管機関衛生福利部国民健康署のホームページによりますと、電子式及び加熱式タバコの使用は違法であります。    また、台湾台北税関に問い合わせたところ、それらのタバコの持ち込みは違法であり、没収となります場合によって処罰を受けることもあります。  従って、 ①  ②公共の場でも、プライベートの場所でも使用を禁止されています。 ③  台湾での製造販売が禁止されていますので、合法的に製造されたものをご購入することができません。 ④  日本に持込めるかとの件に関しては、他国の水際管理になりますので、回答を控えさせていただきます。  なお、ご不明な点があれば、台湾の所管機関衛生福利部国民健康署にお問い合わせください。   ホームページにアクセスしていただきまして、ありがとうございました。   また、セキュリティの関係でこのメールに対して、ご返答しても拝読することができませんので、どうぞ、ご了承ください。   台北駐日経済文化代表処 経済組

ということでした。こりゃ完全に台湾でのVAPEはアウトなのでしょう。

それにしても、ものっそい丁寧にメールが返ってくるんですね。

私も海外に行くときは大使館に問い合わせをします。みんなもそうしましょう。

 icon-arrow-circle-down いいね!って思ったら押していただけると喜びます icon-arrow-circle-down 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ