Koi-Koi ビルドマット by MK Lab【ツール】レビュー

スポンサーリンク

 〇 〇 〇

まさかビルドマットのレビューをする日が来るとは思わなんだ。

Koi-Koi ビルドマット
by MK Lab

3B3A12D8-48DC-40D3-8E01-9C5E876B74FC

【提供】MK Lab

スペック

サイズ:縦 300mm×横 600mm×厚 3mm

表面素材:天然ラバー

裏面素材:合成ラバー

Koi-Koiの5キャラを使った豪華描き下ろしのビルドマットで、上下どちらでも使用できるデザインです。
細かい線やグラデーションの表現ができる特殊な印刷を使用しており高級感のある仕上がりとなっております。

底面はラバー素材が使用されているため滑ることがなく、表面は防水加工が施されているのでリキッドが付着しても簡単に拭き取ることが可能です。
マットの厚みは3mmあり十分なクッション性を備えているため、うっかり落としたガラスタンクの保護ネジなどの細かいパーツの飛び跳ねを軽減します。

デザインだけでなく、ビルドマットとしての品質にもこだわった商品です。

ということである。

以上のようにメリットも多く、ビルドマットを使用している方も多いと思うが、このビルドマットほどかわいらしさを感じるマットは今までなかったのではなかろうか。

せっかくなので、それぞれの子をアップで撮影してみた。

9C6D4411-16E4-4C96-9A77-24B14E67B5F4

5951D862-9F38-464F-97C0-F3975F4F99F9

0067CEBE-26D6-4DFA-BB8F-C1AEF8DAF73F

330A5C15-21BA-45E2-BF01-ED30815E7FB9

B2287A7C-14E7-4A31-A152-E3411CC92356

あなたはどの子が好みですか?

7F864B76-FB97-4BB0-841B-54DBF4166228

裏は滑り止め仕様になっており、素晴らしく滑りを止めてくれる。

使ってみた

391D7428-8D16-45CB-AFC5-379D7A84E80D

正直ほかのビルドマットとの違いについてはよくわからないというかそこまで性能を求めていないので、「めっちゃかわいいなこれ」という感想以上のものが出てこない。

だがそれでいい。

ビルドマットに対して可愛いという感想を持たせるだけで十分すぎるほど十分なのだ。

性能は基本的な部分を抑えていればそれでいい。

「ビルドマットに二次元的な可愛さを!!!!」と求めていた方には朗報以外の何物でもないだろう。

ここで買えます

MK Lab公式オンラインショップ

もうちょっとで在庫切れちゃうらしいので迷っている方は早めに買っておいた方がいいですよ。

 icon-arrow-circle-down いいね!って思ったら押していただけると喜びます icon-arrow-circle-down 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村