静岡「Vepora 静岡」ショップレビュー

1年に1度のお祭りじゃあ!!

HiLIQの送料無料キャンペーン

11月22日(水)11時~11月24日(金)18時まで

5840F1EE-6334-4A53-AF84-F45F20CDB274
詳細はこちら

参考記事
25種類ものHiLIQリキッドを吸ったワイがランキング作った

HiLIQレビュー記事一覧

静岡駅付近にようやくVAPE専門店ができました!!だいぶ前に!!

先日ようやく時間ができて、お邪魔することができたので軽くレポートしますね。

Vepora 静岡

静岡

IMG_1067

Veporaとは

アメリカはカリフォルニアに本社を置き、日本国内では静岡と神戸にお店がある。

先日(おととしの12月)神戸のVeporaに行ってきました。休みでした。

外観

IMG_1068

静岡駅方面から向かうと、大きめな交差点の角にあります。静岡駅からは徒歩10分くらい。静岡の衆らは歩くのが遅いから15分くらいかかるかな?ハハッ

電子タバコとデカデカと書いてあるので、とてもわかりやすいですね。電子タバコに対してブラック、アングラな印象を持ちがちな一般の方のためにそのブラック感を排除してくれるようなガラス張りというのがナイスですね。

IMG_1069

外には喫煙スペースとベンチ。二人掛けかな?

IMG_1070

VAPE SHOP御用達の立て看板。11時オープンのお店で働きたい。

ということで中に入りますね。

初めまして~

IMG_1078

ほう。

写っている人は店長のKENさん。

IMG_1077

ほうほう。

←KENさん →常連さん

IMG_1079

このソファは居心地が良すぎですのでオススメです。

 

店内を見渡せるように気を利かせて広角レンズで撮影しました。

レンズ、KEN店長から借りたんですけどね。

店舗内は割と広々としていて、スタンドテーブルにローテーブル、机みたいなテーブルを配置しており、様々な状況を楽しむことができます。

そしてテーブルによってはビルド用品もある程度置いてあるので、ビルドやコットン交換なんかもその場で出来ちゃいますね。なかったらお店の人に言ってみてくださいね。たぶん貸してくれます。

IMG_1075

いい感じの売れ筋スターターが置いてありますね。

初心者の方はこれらを実際に手にとって感じることができるので、やはりそこが実店舗の良さでもありますよね。

そして店員さんに直接聞けることで疑問をタイムリーに解決することが出来るのもメリットかと。私はメールで問い合わせとか正直返信待てないタイプの人間。

IMG_1073

テイスティングコーナー

IMG_1071

レジ奥の棚

さりげなく置いてある観葉植物が良いですよね。

その場ではまったく気付きませんでしたが。

IMG_1072

なんとオリジェネが売っていた!!!!!!!!

IMG_1074

カラベラまである!!!!!!!!!!!!

初めて実物見ました。チューブの中ではかなり高額な部類ですね。思わず拝みたくなるような存在感でした。

3時間ほど居座った感想

やはりかなり初心者の方の来店が多いです。

確か行ったのは土曜日だったのですが、そのときはワンオペで、お客さんが集中する時間帯に対応しきれない印象でした。初心者が多いということは、質問なり説明なりで一組に割かれる時間も必然的に多くなってしまうので、店員は二人くらいはいたほうがいい気がしなくもないですね。

あと、アイコスを求めに来る人もかなり多いようですww売ってないですけどねww

まとめ

とりあえず静岡県民は訪れるべき

静岡駅近くということもあり、かなり行きやすいロケーションだと思います。

静岡の中心でここまで本格的に品物を揃えているお店はほかにはないのでオススメ。KEN店長も常連の方もいい人でしたよ。KENさんは見た目はちょっとチャラいですけど、コイルアートにも挑戦していて面白いビルドを見られるかもしれません。

帰省の際にはまた行ってみたいと思います!!

店舗情報

静岡県静岡市葵区昭和町6-3 ダイエービル1F

054-260-6455

11:00〜21:00

www.vepora.jp/

https://www.facebook.com/VeporaShizuoka/

遠方からの方にVepora周辺静岡オススメスポットを

駿府城

IMG_3879

天守のないお城・駿府城です。手前にある懐かしのY33は日本平にて単独事故を起こし廃車になりました。

天守は寛永12年に火事によって焼失したらしいのですが、一説によると

天井に鳩の糞が積もりすぎて孵化熱により発火したらしいww糞で天守焼失ww家康涙目wwwというかこれマジなの?

現在、重要な歴史的遺産を発見するための天守台発掘作業をしているようで、寄附金を募集しています。

目標額1億円。2016年12月31日時点で34,134,184円とのこと。けっこう集まっておる。僕は協力していませんが、皆さんは是非。

あと、何十年後かわかりませんが、天守再建の計画もあるのですって。僕の目の黒いうちに拝みたいものですね。

お堀を眺めて歴史を感じるくらいしかやることがなさそうですが、オススメ。

バジリスクが好きな方は一度はどうぞ。駿府城演出は非常にアツイですからのぉ/(^o^)\

マークイズ

IMG_1091

突如として現れたショッピングモール。

土日は他に行くところがないのか混雑必至。

JR静岡駅より一駅。東静岡駅より徒歩約5糞

護国神社

IMG_4165

IMG_1089

荘厳な雰囲気がたまらない護国神社。

個人的には浅間神社よりもこちらのほうが好き。

マークイズから歩いて3分くらいにあるので、ついでに行ってみたらいかがかしら??

正月になるとマークイズの初売り奴と護国神社の初詣奴でごった返すようになっていい迷惑。

久能山東照宮

IMG_1090

国宝の久能山東照宮

もう電車では行けないレベルまで来ちゃいましたが、ここも荘厳かつきらびやかでなかなかいいです。

日本平からロープウェイという手があるのですが、足が元気な人は久能街道から1159段の石段を登りましょう。

本当に1159段あるのかわかりませんが、普段運動不足な人だとマジでしんどいです。

IMG_4175

IMG_4187

晴れていればけっこうナイスな絶景を見ることができます。

イチゴ狩り

そうそう、久能街道といえばイチゴ狩りですね。

久能街道にはイチゴ狩りができるところがたくさんあります。

2016map_l

海沿いの一本道の片側はほとんどイチゴ狩りのお店で、その数なんと40以上。そんなに不要論。

品種は静岡イチゴ「あきひめ」が多いです。今は紅ほっぺかも。わかりませんがどっちかですww

まさにこれからがガッチガチのイチゴの旬なので是非。

三保の松原

久能街道を通過して、三保のほうへ向かうと「三保の松原」があります。

三保の松原は富士山世界文化遺産構成資産に登録されており、かの有名な「羽衣伝説」の場所でもあります。羽衣が引っかかったと言われる松もありますが、実は今は確か三代目です。初代は海に沈み、二代目は立ち枯れのため、近くにあった松に代を譲ったそうな。

もはや羽衣の松っていうか羽衣の松の近くのただの松。

IMG_8455

人すごいですけど、この約半分はポケモントレーナー

IMG_8448

海が見えてきました

海に向かって歩き左を見ると富士山が見えます。絶好のハンドチェックポイントです。

IMG_0333

海×富士山のコラボが拝める数少ない場所でしょう。

また、ここは歌川広重が葛飾北斎の「富嶽三十六景」に対抗して描かれたといわれている「富士三十六景」の中の「駿河三保之松原」という作品が描かれた場所(の近くらしい)。

IMG_8456

こういうのも売ってる。ネタとしてはアリ。むしろネタでしか存在できない。いや、マスクメロンはうまった。だがわさびジンジャエールてめーはダメだ。名前もせめてWASABIALEくらいにしたほうが面白かった。うまくもない面白くもないジンジャエールが欲しい人は是非に。

清水港

清水港からは伊豆の先端である土肥までフェリーが運航しています。

片道一時間で土肥につきます。確か。

車の半分以下の時間で着いちゃいます。車の持ち込みも可。

IMG_3973

これで土肥に行き、温泉に入ってうまい魚を喰らい、うまいペプシを飲んでうまいVAPEを吸う。

IMG_1082

なんだ、静岡いいとこじゃん。

あ、これ?僕の足。

番外編

みんな大好き「さわやか」

IMG_0505

現在は静岡県内にしか店舗を構えていないが、その人気っぷりにいつ県外進出するのか気になるところ。

ここのハンバーグはマジでうまい。ソースはオニオン一択。

ちょっとした人気ラーメン店「ブッチャー」

IMG_3702

ヤサイマシマシは死のコールだから気をつけておくんなまし。

IMG_2554

マシマシにしなければこんなもん。味は好みが超分かれる。

タカユウは大好きだけど友達は食ったあとに吐いてた。

フェリー以外は一日あれば全部まわれますからオススメですよ。ばいばーい。

photo by TAKAYU

スポンサーリンク

 

国内最大級の口コミ・情報共有サイト

新作リキッドやベストセラー等の気になるリキッドの口コミ見ることができます。ランキングはもちろん味別での検索も可能。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

 

関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ