“ほうじ茶”Asatsuyu(朝露)by Nameless Element(ネームレスエレメント)【リキッド】レビュー

スポンサーリンク

F973EB23-4A55-43BA-9DC0-1A53ADFB708C

 

ほうじ茶

Asatsuyu(朝露)

by Nameless Element

 279B381C-9091-46DC-924E-0F8149124320

【提供】Nameless Element

フレーバー

日本茶、静岡深蒸し煎茶

私もお会いしたことがありますが、このブレンダーさんは静岡の方で非常に男前。悔しい。悔しいけども肝心なのは味。

静岡の方が作るお茶のリキッドだしその時点で再現性はかなり高いのではないかという予想。

何を隠そう私も静岡生まれ静岡育ち。だがお茶に関してはまったくわからない。給食でお茶がヤカンでクラスごとに配られていたが、お茶には目もくれず牛乳を人の2倍飲んで育ったタイプ。

ちなみに、このリキッドはまさかの「受注生産」。

その品質管理の徹底ぶりよ。

5635188D-A7E9-4CF3-9B6C-2A42900F2F00

作成日が書いてあるラベル。

セッティング

KRMA

コイルはオフィスエッジのプリメイドコイル

まずは20WでMTL気味にじっくりと。

「なんだこの・・・オシャレな・・・香りは・・・」

静岡というお茶県に住んでいながら経験したことのないようなお茶の香り。

私が普段飲んでいるそれとはまったく異なるベクトルのお茶。だけどもお茶というのは分かる。

非常に繊細で優しい甘味。

甘味料を使っていないということなのに、確かに感じるこのほのかな甘みは一体なんだ。

そしてクセともとれる茶葉特有のあの香り。

なんだこのおいしいとかそういう稚拙な言葉で表現することを許さないリキッドは。

「俺がお前らに合わせるのではない。お前が合わせてこい」

リキッドがそんなようなことを言っているような気さえする。生意気なリキッドだなこれ。

ちなみにワッテージを上げて26Wくらいで吸っても味に大差なし。

まとめ

低ワッテージでも高ワッテージでもイケる。

本格的な唯一無二のお茶リキッド。

それ以上でもそれ以下でもない。

ただ一つ言えるのは「普段飲んでいるペットボトルのお茶のような味を期待して買うべきではない」ということ。

主観総評:すごい。

【販売店情報】

Nameless Element

15ml・30mlあり

 icon-arrow-circle-down いいね!って思ったら押していただけると喜びます icon-arrow-circle-down 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ