GRAM Drip Tips~これまでと現在とこれからと~

スポンサーリンク

2017年最後の投稿は、日本のドリップチップブランドとして確固たる地位を築いているGRAM Drip Tipsについての記事。個人的にも大好きなドリップチップを扱っているので、この機会と全面的な協力をいただいたGRAMの中の人CHIKASHI氏と「チェンとタカユウにレビュー頼むわ」と糸をひいてくれたはまさん(ピンピン)に感謝の意を表明したいと思います。

2017年は大変お世話になったお二人です。

スーパーしぇいしぇい。

【提供・協力】GRAM Drip Tips・はまさん(ピンピン)

GRAM Drip Tipsといえば現在Mt.Fujiが飛ぶように売れていて、発売するやいなや即完売するという事態なわけなので「GRAM=Mt.Fuji」という頭の人が多いかもしれませんが、実はGRAMの作品は他にもけっこうあるんです。

とはいえすでに販売が終わってしまったものが多いというのが悲しいところではありますが、せっかくなのでその一部を紹介していきます。

この記事はいわばGRAM史と言えるでしょう。

これまで

KUBIRE

D1DBBA1C-0F6C-4071-9DFA-1177FB58B015

【協力】GRAM Drip Tips

手作業で一つ一つ形成をするため、まったく同じモノはないということです。

ちなみに上記写真のものはCHIKASHI氏が「ベストだ」とするKUBIRE。

そしてこういった形状のものを「くびれ」と表現することを今でこそ普通に使っていますが、それはここから始まったものであるとCHIKASHI氏は主張しています。思い返してみたら確かにそうかもしれないですね。

CHIBI

4DAC18BC-60E4-46D7-8A3B-B7E99F034702

40570C5C-9D43-4335-BDF6-AE3B747EA504

【購入】M5+

まず私が一番最初に購入したのはこの「CHIBI」。購入したのはおそらく2年ほど前。

コンセプトは「ちっちゃいの」。

なんとも愛くるしい姿かたちをしていますね。アトマイザーを選ばないちょどいいサイズ感。かわいい。

ひたすらにかわいい。

2C6D43B8-D83B-4D62-99A2-601ADA33CAC8

「初期モノはブラスを使用していたんだZE☆」とGRAMの人が言っていました。

もう2年も使ってる上に磨いてないからだいぶ育ってます

E858A51E-6305-49DB-A173-26DF3C2D25AA

CtDt

ED8A02C1-B320-4F7D-B2B2-2CA5E9FD5203

【協力・提供】GRAM Drip Tips

これね、全部CtDt

当時のGRAMの象徴と言える「先端がちょっと出ている」特徴的なデザイン。さらに薄いフィン。

ちなみにCtDtの「Ct」はGRAMの中の人のイニシャルです。

タカユウ「ところでぇ・・・なんで先っぽちょっと出てるんです?」
GRAM「なんでだと思いますか?」
タカユウ「(逆に聞かれるパターンね)っとぉ・・・落としたときに割れないように(小声)」
GRAM「いやもう全然違う。このドリチでいうと、黒い部分を咥えるでしょ?で、舌はそのちょっと先にあるでしょ?その舌により近いところに出口があるほうが、口の中で広がるまえの凝縮されたミストを無駄なく舌に送り込むことができる感じしません?それがいいのかはわからないけどそういうイメージ」
タカユウ「(ホントに全然違った)」

ということでした。はー!確かに。よく考えられています。

36A8E65D-CDE0-4EBB-B500-8A87DA7D3214

これは珍しくウッドを使用しているCtDtで、しかも黒檀。

渋くてカッコイイ。マジ卍。

FUTOME

A96C4A69-227C-45E6-844D-0B519FAA881A

【購入】本家販売サイト

そしてこの「FUTOME」。4番目のコンセプトドリチ。これも当時かなり人気で、販売開始するやいなや売り切れ続出で品薄になっていました。

コンセプトは「内径6mm」

この頃「背が低いのもカッコいいんんじゃね??」という考えが出てきたそうです。

とてもシンプルですが、シンプルさ故の使いやすさがあります。なにより見た目が美しい。

E77DED01-2898-46D4-ACC1-722A38146B24

余談ですが、このレジンは既成レジンを削って形成したわけではなく、CHIKASHI氏がレジンを自ら混ぜ合わせるところからやるというこだわりっぷり。

そしてGramにはちょっと面白い造形のものもありました。

2穴DT

CB1F60C4-521F-4C85-8EF5-E7A753E0B7C9

F1687F57-C80B-4CBC-B825-9075DE642479

スクエアDT

2E686626-DBA2-4242-A051-A910E914C0DE

AD154117-4F1F-4FC4-9679-6EDCF4ADCE57

【購入】池袋でのVAPEイベント

完全にイベントのノリで購入しました。

非常に個性的です。

タカユウ「なぜ2穴なのですか?」
GRAM「面白いかなーってw」

タカユウ「なぜスクエアなのですか?」
GRAM「一度作ってみたかったかなーってw」

今まで紹介してきたドリチについては個人的にはどれも「ここが好きだ!」というポイントがあるのですが、この2つに関しては一個も好みのポイントがありませんでしたw私はGRAM推しですけどこの子たちだけはどうにも好きになれなくてw

スクエアのものについてはそもそも合うアトマイザーが見つからなかったというのが大きな要因かと思われます。やはり味や吸い心地以外にもフィッティングの良さというが重要だということを再認識させていただいたドリチです。とはいえ、その作成難易度は通常の丸型よりもかなり高かったそうです。

2穴のドリチは「んー、、、見た目はまぁまぁかわいい。でもそれだけ」という感じです。

現在

SHIROIRO DT

28C88A8D-A565-4DCF-A4B2-FB174FD951AB

【提供】GRAM Drip Tips

ウルテムのameiroDTや黒デルリンのkuroiroDTもあります。

一見普通のストレートドリップチップですが、控えめですが確かに「ニュッ」と先端が出ているデザインで、GRAMらしさが演出されています。

Mt.Fuji 

7341C111-2DAD-442D-99D3-B07B3C42CBA9

【提供(クリア・黒デルリン)】GRAM Drip Tips
【購入(黒ポリカーボネイト・ウルテム)】Dr.Vaporほか

皆さんご存知Mt.Fujiです。これは本当に人気がありますよね。それこそ秒殺です。

BYOU☆SATSU

182BD6DC-7FE7-42C2-A5AA-4E711782B4CF

なんといっても見た目がいい。かわいい。

そしてくわえ心地がいい。ストレスがフリー。

ワイドボア寄りのくせにMTLセッティングでもうまい。なぜなのか。

カラーも豊富でブラック(デルリンとポリカーボネイト)、ウルテム、ホワイト(クリア?)に限定販売の赤。さらに「艶あり」と「艶なし」があって、なんかとにかく色々あります。

赤はDr.Vaporのリニューアルオープンで5個のみ(だっけ?)販売。というかみんなでじゃんけんして勝った人が買えるというもので私は買えませんでした。

私は買えませんでした。

とにかく、ドリップチップでここまでの満足感を得られるというのもなかなか珍しいでしょう。

それはそうとこのMt.Fuji。実はあるアトマイザー用に作られたことはご存知でしょうか?

9D1A5722-B6FF-413F-99C6-6376F462E78E

そう、Nardaという世界的にも大人気で、販売されてかなり経った今でも高値で取引されているアトマイザー用に作られたものです。まぁこのアトマイザーは現在は販売自体していないうえに売りに出されてもプレミアムな金額なのでアレですが。

そして「Narda用に良い感じのドリチを作ってはどうか??」とGramに話を持ち掛けたのがピンピンである。

C8B759F4-CC2D-4995-B542-862408B2AF8A

やはりそれ用ということで収まりの良さはバツグンです。

しかし現実にはNardaのみならずあらゆるアトマイザーにフィットしてしまいます。それがMt.Fujiです。

847B0231-8ABE-4679-B39F-4ACEEBCC7D47

一度使ってみるとわかります、その良さが。

ということでMt.Fujiについては少し詳しく説明していきます。

DA744700-B1F8-4456-952E-3341D8AD838F

1096EB96-5367-4D05-9156-61BDAE3E6921

画像ではわかりにくいですが、入口から出口にかけて広がるようにテーパーがかかっています

どちらかというとGRAMでは珍しくワイドボア寄りになっているので、割と低抵抗で組んだアトマイザーでもストレスを感じさせません。

とはいえそのくわえ心地や吸い心地の良さから、MTL吸いでもゴキゲンに使うことが可能となっています。

有能。まさに万能。

3B501697-1E32-4307-AAA4-637232BD2C03

横から見ると、名前の通り富士山のような形をしています。

そしてウルテムだとわかりやすいのですが、上半分くらいには富士山が雪をかぶっているように見えます。

タカユウ「狙ったんですね?」
GRAM「たまたま☆」

私はそれを知らずにここも磨いてしまおうと思いましたが「雪を溶かすなハゲ」って怒られちゃいました(*’▽’)

まだ使ったことがない人は一つだけでも買っておいたほうがいいと思います。しかも安いんだからもう言うことない。3000円でお釣りがくるニダ。

CD9FE447-8854-4455-A7A8-FE8730CCA4BC

ワイドFuji

8798E660-2D28-4511-8EED-B3479B317E08

18D78AC2-CE26-4FF6-AE20-F78B3122D44D

822113C6-EDB5-4386-9588-4831DEFE64E4
【購入】Dr.Vapor

ハーフインチ(810)サイズのFujiドリチです。

GOONにジャストフィットです。やはり咥える部分が大きくなるので、どうしても吸い心地は変わってきますが、やはりこういった形状が唇と相性がいいのかストレスは感じさせません。

これ、量産しているのかしら・・・?

これから

あのMt.Fujiのカスタムパーツとめちゃくちゃかわいいドリップチップの作成を考えているようです。

ということで本邦初公開なのかどうなのかわかりませんが、今回特別に紹介させていただきます。

Mt.FujiカスタムパーツMTL(仮)

358EC82C-E9F4-478D-8898-0BBB087123BC

右のパーツです。これをMt.fujiの中に挿入することによってワイドボア寄りの吸い心地をMTL寄りにしてくれるアフターパーツです。

ワイドボア寄りの内径だからこそできるカスタム。

0FD442AE-0A9C-449C-B1B9-E4482BA4DA24

88226B6F-0E18-440C-838E-C947584F263F

革命的なアフターパーツだと思います。

アフターパーツによってカスタムできるパーツ。これによって低抵抗セッティングから高抵抗セッティングまでカバーできるという優れもの。

今まで咥える部分を変更できるドリップチップは存在していましたが、内径まで絞れるものは私は知りませんし、あったとしてもごく少数だと思うのでかなりレアなものであることは間違いありません。

ただ、ドリチに関して「MTLがいいから内径は細いほうがいい」とよく聞くけども、それならエアホールめっちゃ絞ればいいんじゃないかと思うタイプの人です。

39A8A9B4-121B-43F5-9AA8-4744FC3BAE47

これ、もし発売となればかなり売れると思います。

アメ色ぶったぎりDT(仮)

9E908D15-ADDA-4E74-ADD9-D743DDF90845

これはまた新しいプロダクトです。

9DBF0542-081A-4262-91DE-7E8D0C5EA110

ベースは左のドリチ。長さを短くしてキツめのアール処理をしたようです。

見た目がもうめちゃくちゃ可愛いです。

228BB617-287B-4AE9-8FD8-B4CB557E46B3

GRAMの中ではかなり短い部類のドリップチップですが、その短さゆえに似合うアトマがかなり多いというのが大きな特徴。

253F1E6A-DFB6-4CD6-A77C-B13BB80A65A5

短いながらもフィンのおかげで存在感を確実に誇示することができます。

ただ、短いと見た目はいいですが、吸い方やアトマイザー上部の形状によってはアトマイザー上部に唇が触れる可能性があるため、熱をもちやすいセッティングのものについては熱く感じることがあるかもしれません。

だとしてもトータルではかなり高い満足感を得られるものだと思います。

どちらも発売が待ち遠しいですね!!

あと、これもピンピンの口添えがあったようです。もうピンピンはGRAMの中の人にカウントしてもいいんじゃないかと思うの。

可愛いマスコットキャラ

GRAMといえばあのかわいいマスコットキャラです。

527E00BF-0564-453D-A9F1-4AF0CF6181D2

名前:ねずみくん

冗談かと思う名前ですが、冗談ではなくねずみくんです。

まとめ

もはやどうやってまとめればいいかわからないけども、拡張性もありそうだし最低でもMt.Fujiは試してみてほしいというのが本音です。

あのHUSSARグループでもちょくちょくGRAMとの画像があがってきたりだとか、VERTIGOとのコラボが実現したりと、今後は世界的にも知名度をあげていくことは間違いないと思います。

今後の動向に注目しましょう。

Facebook

GRAM Drip Tips-BASE

チェン氏はすでに動画をアップしているので、そちらもチェックしてみてください。僕はこれから見ます。

ということで2017年もお世話になりました!!

来年もVAPE道をよろしくお願いいたします!!

Bye

 icon-arrow-circle-down いいね!って思ったら押していただけると喜びます icon-arrow-circle-down 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ