【両方使える】VAPE×Ploom Tech【革命児キット】

  • 禁煙・減煙目的でVAPE(電子タバコ)をしている人
  • ニコチンの摂取を目的としてアイコスやPloom Techを使用している人
  • そもそもIQOSやプルームテックを買いたくても品薄で買えていない人
  • カフェや公共の場でVAPEを使用することをためらう人
  • 個人輸入などせず手軽にニコチンを摂取したい人

上で挙げた方々すべてに向けてオススメできそうなキットが登場しました。これは紙巻タバコユーザーとニコリキで楽しんでいるVAPEユーザー両方に向けて発信します。使用してみてとても興味深い結果となりましたので少し遅れましたがレビューしてみたいと思います。

こいつぁ・・・すげぇぞ

Ploom TECH(プルームテック)カプセルに対応!

電子たばこデビューキット

IMG_3678

【提供】ベプログショップ 

セット内容

  • 1 × Eleaf i Care140スターターキット

IMG_3696

  • 1 × グリセリンPGミックス250g【ファンタジー製】

IMG_3703

  • 1 × 国産リキッド(レッドブル・スーパーハードメンソールから選択)

IMG_3694

  • 1 × Ploom TECH(プルームテック)カプセル搭載用ドリップチップ

IMG_3690

  • 1 × オリジナルポーチ黒(ユニコーンボトル・シリコンバンド・USB充電アダプタ)

IMG_3679

  • 1 × 商品マニュアル

IMG_3698

*タバコカプセルは付属しません

使い方

①バッテリー(i Care140)の充電

まずバッテリー部分となるi Care140充電します。充電ケーブルはi Care140の中に入っており、コンセントに挿すアダプタはポーチに入っています。

IMG_3697

②キャップを外してコイルを装着

IMG_3700

まずこの部分を外します。キャップ部分を押しながら反時計回りに回すことで外すことができます。

IMG_3701

付属のコイルをクルクルと装着しますね

IMG_3702

ここはこれで完了

③i Care140にリキッド(もしくはグリセリン)を注入

IMG_3704

上からポターっとね

IMG_3705

このタンクにマークされている線がリキッドの上限です。ここより上までリキッドを入れないようにしましょう。

④キャップ部分を装着

②で外したキャップをまた装着します。

⑤ドリップチップを変更

もともと装着されている透明のドリップチップはプルームテック的に使う際には使いません。そこでPloom TECH(プルームテック)カプセル搭載用ドリップチップに変更します。

IMG_3707

スポッと抜きーの

IMG_3708

挿しーの、です。

⑥タバコカプセルを挿入

このキットを使用するためにタバコカプセルを別途購入。

IMG_3680

IMG_3681

IMG_3682

左のカートリッジは今回は使用しません。

IMG_3687

今回のキットでは使いませんが、901規格なので901対応のバッテリーがあれば使用するのも可能かとは思いますが、今回はシカトする方向で

IMG_3683

IMG_3684

こいつがタバコカプセル。中には刻まれたタバコ葉のような茶色いものが詰まっているそうです。

IMG_3685

こちらが逆サイド。フィルターっぽいのがありますね。

IMG_3692

それを

IMG_3693

挿す!!

⑦完成

IMG_3709

操作方法

i Care140の使い方としてはボタンは一つしかないので単純です

  1. 素早く5回クリックでON/OFF切替
  2. 吸うタイミングでボタンを押して吸う
  3. 吸い終わったらボタンを離す

感想

プルームテックは使ったことがありませんので比べることはできませんが、これだけは間違いなく自信を持って言えます

吸い応えが・・・すごいンゴ・・・

iQOSも吸いごたえはすごくないですかって?iQOSはまずいから吸いごたえとかそもそもそういう問題じゃない。

喉にクッとくるキック感がタバコのそれに似ています。味はIQOSのような煮豆感はなくちゃんと「タバコ」という感じ。つまり

iQOSなんかより10倍おいしい

まぁそれも「iQOSと」比べたらうまいという相対的な判断ではありますがVAPEと比べたら・・・うん・・・と思っていた時期が僕にもありました。そう、グリセリンではなくリキッドを入れるまでは。

リキッドを入れてみた

今回入れたのはR-BULL。ベイパー御用達フレーバーですが、今度はこれをためしてみました。するとどうでしょう。エナジードリンク感ととも先ほど同様の満足のいく吸いごたえ。つまりうまい。これはいい。エナジードリンクフレーバーが強くなりタバコの味が減りましたが、喉への刺激は変わりません。

VAPE×Ploom Tech(のタバコカプセル)の融合がみせるこの結果に驚きました。

ドロー(吸い心地)とか諸々

吸い心地はやはりタバコちっくな重たい感じです。しかし幾分かはタバコよりは吸いこみやすいので、直で肺にミストを送り込むこともできます。

ミスト量はかなり控えめです。タバコカプセルをつけることによってそれは顕著になります。カプセルのフィルターみたいな部分がミストを吸っているのでしょうか。が、それ故目立つこともなくカフェや公共の場で使用することができますね。

咥えTechについてはその重量からするとほぼ不可能でしょう。

煙草カプセルの交換時期

Ploom Techにて使用している場合と違い、いつまで使用できるのかを目視することができません。通常は50回吸ったら交換時期というのですが、そんなものいちいち数えるのは面倒です。しかしそんなことを考えなくてもしばらく吸っていると明らかに喉へのキック・刺激・吸いごたえが減少してきます。それが自分の満足感を得られないレベルになったときが交換のタイミングと言えるのではないでしょうか。

タバコカプセルはこちらで購入できます→https://shop.ploom.jp/

コイルも消耗品

Ploom Techには存在しない今回使用するコイル。これも交換が必要です。明らかに味が落ちてきたリ、ちょっと焦げ臭くなってきたら交換のタイミングでしょう。吸う回数によってだいぶ差がでるので一概に「何週間使える!!」とは言い切れませんが、おおむね2週間は持つのではないでしょうか。

交換コイルはこちら→交換コイル 5個セット

ここがPloom Techではないこいつの唯一の欠点ですかね。もともとのVAPERについてはまったく問題にしない点ではありますが、Ploom Techユーザーから見るとひと手間多くなるので面倒だと思う方もいるかもしれませんね。

まとめ

  • 品薄で買えないPloom Techの代替というにはもったいないセット内容
  • 海外からニコを個人輸入する必要がない
  • ドリップチップにタバコカプセルを挿すだけという簡単運用
  • リキッドの味を変えることで様々な味を体験できる←Ploom Techにはないメリット
  • もはやVAPE
  • カプセルの交換時期を知らせるものがない←Ploom Techにはないデメリット
  • iQOSの10倍うまい
  • 正規品のPloom Techよりも手間が一手多い←Ploom Techにはないデメリット

デメリットのほうが多いじゃねえかって?その一つのメリットが二つのデメリットを遥かに凌駕しちまってんだよなぁ。

Ploom Tech未経験ということもありダブルで衝撃を受けましたが、トータルで考えるとこれはかなり面白い試みであり、そして結果もいい方向についてきたというキットだと思います。冒頭で羅列した状況に置かれている人には是非一度は試していただきたいデス。

そんなキットが販売間近なのだそう。

商品の詳細・購入(予約)はこちら

【予約】プルームテックカプセルに対応VAPEキット【ベプログショップ】

6/14前後から発送開始か?

余談

IMG_3711

もちろんこういう使い方も可能。

ただ、もともとニコリキユーザーがこれをやると単純に摂取量が多くなり、チェーンしてると気持ちが悪くなります。というか気持ちが悪くなりました。ダラダラこれで吸うのではなく、ちょっとした休憩でしか吸えない短期集中型VAPEのときにもっとも適しているかもしれません。

あと、タバコカプセルが挿入されたドリップチップからカプセルを外したり、2分割できるドリップチップ(のカプセルが入ってる側)を外してあげれば普通にVAPEとしても楽しむことができます。

Ploom Techのタバコカプセル合わなかったわ→そのままVAPE移行!!

VAPE合わなかったわ→Ploom Tech専用機として使用!!

どちらにも転べます。両方合わなかったらVAPEも次世代タバコも合わないということかもしれませんね。

乱文がすごいですねしかし。まぁ、いつものことか。

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

にほんブログ村

国内最大級のクチコミサイト



とにかくレビューの数が圧倒的!日本最大級のVAPE口コミサイト「ベプログ」。試飲できる環境にない方で,味のイメージを掴むためにはとても便利です。ランキングがあったり,味別検索もできるのでかなり参考になると思います。リキッドも安くないですからね。

 

関連ページ

コメントを残す

このページの先頭へ