Psiquidシリーズリキッド5種レビュー

スポンサーリンク

 〇 〇 〇

はーい皆さん元気ですか?!私タカユウは元気です!!去年も無事に独りぼっちのクリスマスを過ごしましたよぉ~^^

早いもので、もう2019年です。そしてまもなく「平成」が終わります。新しい元号は間もなく発表になるとのこと。元号は何になるのでしょうか。私は予想をたてていますが、ここで発表すると仮に当たっていても「こんなサイトに当てられるやんやっぱり変えたろ!!」ってなるから控えておきますね。

〇 〇 〇

BIRDCAGE
BOSPHORUS
CHRISPIES
LIMETIME
SMEACH

by Psiquid

 A56A85B0-EA6E-46CB-A40C-A4EBCE60A4A8

【提供】LIT VAPOR

Psiquidというブランド(シリーズ?)は初めて耳にするが、フレーバーがなんかいちいち誰かしらのハートに刺さりそうなものばかりで非常に楽しみであるある。

セッティング

センチネルRDAにプリメイドクラプトンコイル

超絶楽ちんセッティングの0.56Ω。

BIRDCAGE(バードケージ)

フレーバー

ペストリー、グアバジャム、シュガー、クリームチーズ

グァバのジャムとバターが塗られた生地をサクサクに焼いたデザートフレーバーです。
さっぱりめな生地感が香ばしく、吸っているうちにクセになります。

販売HPより

バードケージは鳥かごという意味だろうか。それともスラングなのだろうか。わからない。が、とにかく吸ってみることにする。

吸ってみた

あ!ああ!!これ!!!めっちゃ好みなやつだ!!

グァバのリキッドは何個か吸ったことがある。が、これはグァバのジャム。ジャムだからなのかどうかはわからないが、バター風味も相まってかなりうまい。グァバ由来なのか、ほんとにほんのり感じる酸味が良いアクセント。

そして販売HPにもある「生地感」。これがグァバジャム+バターと合わさることで見事に一つの味になっていて好き。もう語彙力が乏しいのはバレているからこんな言い方にするが、これ好き。

SMEACH

フレーバー

ピーチ、マンゴー、スムージー、シュガー

クリーミーなピーチとマンゴーのスムージー。
甘すぎないピーチとマンゴーの絶妙なミックスに程よい酸味が後味を引き締め、とても吸いやすい仕上がりになっています。
スタッフ一押しリキッド!

販売HPより

吸ってみた

ほっほ。

マンゴーとピーチのジューシィな風味が喧嘩もせず生き生きとしており、仲良くブレンドされている。やはりこの二つの相性の良さは鉄板と言ってもいいだろう。

スムージーということだったので清涼剤が入っているのかと思ったが、入っている様子がない。これは意外。

そしてシュガーという説明がある点。単純に砂糖という意味であればかなり甘そうな感じを受けるが、そんなことはない。ほどよい甘さであった。

多くの人が「おいしい」となるタイプの大衆向けリキッドだと感じた。

最後に、これはもしかしたら私だけかもしれないが、「あるぇ~??後味にバナナもいる気がするぞぉ??」ってなったのだけども気のせいかな。

LIMETIME

フレーバー

ライム、ソーダ

爽やかでほんのり甘いライム風味のソーダ。
皮の部分の苦味も表現されており、クドくなくチェーンしやすいリキッドです。

販売HPより

吸ってみた

今までの流れとは全く違うパターンきたこれ。

スッキリさわやかなライムによる柑橘系特有の香りがとてもいい。そしてこれにも清涼剤が入っていないというのが大きなポイントだろう。

今までのこういったリキッドには清涼剤が入っているイメージが強かったのだが、これにはそれがない。

しかしライムが少し弱い・・・か。個人的には少し物足りない。もっとこうガッ!と「ドーン!!ライムだぞーん!!」くらいのインパクトが欲しい。

ライムよりもソーダ感のほうが強い気がする。

とはいえ、ソーダの再現度はピカイチ。まさにソーダ。いったいどうすればここまでのソーダ感を再現できるのか。

総じてクドくないので、チェーンしても重たくない。

バカスカ吸うことに適してそうだ。

CHRISPIES

フレーバー

キャラメル、バタースコッチ、マシュマロ、シリアル

Vape Showcase Atlanta 2018で受賞したこちらのリキッド。
サクサクのシリアルとマシュマロが広がり、キャラメルとバタースコッチがほんのりと香ります。

販売HPより

吸ってみた

優しい。優しい。

コク深いバターの芳醇な香りがすごい。そしてシリアルというよりもタルトの外側のカリカリの部分のような粉感のある小麦粉のような風味がベストマッチ。

キャラメルの主張は強くはないが、吐き終わりにフワッと感じて後味をより良く演出してくれている(たぶん)。しかし、言われないとわからないくらい。もしくは言われて「あ~確かにキャラメルいるかもしんない」というレベル。

甘さは控えめ。くどい甘さではなく優し甘さ。

マシュマロは正直どれのことか不明。

少々複雑というかフレーバーの宝庫という感じだが、主役と脇役がちゃんと役割を果たしている逸品。上品かつ優しい味わいで、作り手のこだわりを強く感じることが出来るリキッドであった。

賞を獲得したのもどこか納得させられてしまう。

BOSPHORUS

フレーバー

ピスタチオ、クリーム、エッグ、シュガー

甘さ控え目でリアルなテイストのTHE ピスタチオリキッド。
ピスタチオ好きには是非お試しいただきたい一品です!

販売HPより

吸ってみた

これは・・・非常に評価が難しいリキッド。

個人的にはピスタチオにそんなに馴染みがないというか・・・

もちろん食べたことはあるのだが、どうしてもリキッドとして再現されたものとリアルなピスタチオを結びつけることができない。と、思っていた。

吸っていくうちにどんどんリキッドとしてのピスタチオを理解できるようになってきた。

リアルなピスタチオを感じることができる。

コクがあり、マイルドに感じるのはクリームの恩恵か。

クセがなくとても吸いやすく、そしておいしいと感じるようになってきたので一安心。

だけどエッグとはなんだったのだ。

まとめ

このシリーズを吸ってみて思ったことは、それぞれのリキッドの再現度の高さと、絶&妙なフレーバーの配合率ではないだろうか。

どれもクセがなく吸いやすく、かつおいしいので、広い層から支持を集めそうである。

気になるものがあれば是非吸ってみてもらいたい。

購入できるところ

LIT VAPOR

 icon-arrow-circle-down いいね!って思ったら押していただけると喜びます icon-arrow-circle-down 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ