「Griffin 25 Plus by GeekVape」アトマイザーレビュー

Griffin 25 Plus

by GeekVape

img_9654

スペック

  • サイズ:25 × 64.5mm
  • リキッド容量:5ml
  • シリカガラスタンク
  • トップフィル機構
  • KENNEDYスタイルボトムエアフロー
  • 金メッキ510コンタクトピン
  • 2種類のトップキャップ
  • ジュースコントロールチャンネル

デッキが大きいからでしょうが、25mm径はデカいですね。高さもけっこうあります。MODを選ぶタイプのアトマイザーだと思います。

そして安定のトップフィルはやはり便利です。

KENNEDYスタイルボトムエアフローがタンクに採用するとはなかなか思いきったことをするなとw新しいスタイルをハイスピードで提案してくるこの業界なので、とにかく色々な要素を組み合わせてくるのでしょうか。選択肢とか視野が広がってニーズへの対応力がすごいとは思います。

個人的に一番気に入ったのがジュースコントロールがついているところ。Odyssey Mini KitTriton Mini Tankにもついている機能なのですが、タカユウが大好きな機能であり、タンクに常に求めている機能でもあります。なにしろ放置時間が多い私としてはデッキとタンクを分離することにより供給過多による漏れがなくなるからです。これは素敵。

開封

img_9641

img_9642

ゴム系多いンゴ

付属品

  • 1×本体
  • 1×フラットトップキャップ
  • 1×セラミックブロック
  • 1×ガラスタンク
  • 六角&スペアパーツ

詳しく

外観

img_9643

エアホール&ジュースチャンネル

img_9658

ジュースチャンネルOPEN

img_9659

ジュースチャンネルCLOSE

ジュースチャンネルは無段階調整が可能。放置する時は閉めてあげるとデッキへの過剰供給を防ぎます。

下部にあるのがエアホール。やはり全開にするとクラウドチェイサーが好きそうなレベルでスカスカ。調整は心地いいクリック感と共に4段階の調整が可能。

デッキ

img_9647

ベロシティタイプです。ワイヤーホールはかなり広めで、幅広コイルにもかなり対応可能かと。むしろそういうビルドを前提とした作りのアトマイザーとさえ思えます。

img_9645

上から。KENNEDYスタイルというのはこのエアフローですね。円筒が4つあるのが特徴的です。

これいつも思うのですが、円筒4つじゃなくて楕円形を2つじゃダメなのかしら?

img_9646

円筒の両サイドにタンクへ通じるホールがあるんだけども、思いのほかこれが小さいのよね。

これはコットンを通すべきか置くだけにするかどうすりゃいいのだろうか。悩むね。うん。悩む。

img_9655

この付属品の使い方

img_9656

こうすることによってシングル運用ができるってわけですね。

img_9657

ちなみにTSUNAMIにも使えました。もともとTSUNAMIはシングルエアフローでも運用可能なのですが「シングルで運用したいけど、チャンバーが無駄に広いな云々・・・」という方にはいいかもしれません。

トップキャップ

img_9648

ここがトップフィルですね。もはやタンクの大定番と言ってもいいんじゃないかと思います。これ毎回言ってる気がする。しかしもともとトップフィル機構がついていないタンクでもサードパーティがトップフィル機構付のトップキャップをリリースしてくるので、その需要の高さがうかがえます。需要があるということは、あとはわかりますね(^ω^)

img_9650

ここにもエアフローがあるんですね。まぁたぶんいらないです。

img_9651

ワイドボアのドリップチップを外して

img_9652

付属のアダプターを装着すると

img_9653

お好みのドリップチップを装着することができます。

ビルドする

img_9709

img_9710

とりあえずベーシックなビルドをしました。24ゲージを多めの10巻をデュアルで。何ミリ径だっけかな。忘れちゃったテヘペロ

これで0.42Ωでした。

ウィッキング

img_9711

ちょっと多めにしました。

そしてデッキ底への対処ですが、悩んだ挙句、穴に通さず上にモッサリと置くことにしました。

img_9712

下から見るとこんな感じです。コットンが出ていないことが確認できると思います。

「これでしっかりコットンに供給してくれるのかしらね?」と思い、直接コットンにリキッドを垂らさずにアトマイザーを組み上げタンクにリキッドを入れてみました。

そして数分待って開けてコットンへ供給できているか確認してみました。

img_9713

ビッタビタに供給できてるやんけぇ!うひょひょー!!

結論:コットンはデッキ下部へ落としてフタをしてあげるだけでもリキッドは供給される

吸ってみる

img_9636

ドロー

やはり調整幅がかなり大きく爆煙スッキーさんも大満足なスカスカまでカバー可能であった。

ミスト温度

出力やビルドによるが、概ね低め。

コイルからドリチまでの距離が単純に遠いからか、暖かいミストは期待できませんが、温度低めのミストが好きな人にはいい塩梅か。

かなり出る部類。

ボトムエアフローとチャンバーからキュッと締まったチムニーで凝縮したミストを吸い込むことが出来ることによる恩恵か。

そしてタンクだけどもRDAのような味わいがする気がする。気のせいかもしれない。

やはり爆煙向けのリキッドでバカバカ吸うとおいしい。

運用

冒頭から推しに推しまくっているが、やはりジュースコントロールチャンネルがあるおかげで漏れに対する恐怖心がかなり緩和される。精神衛生上の観点からみると非常に有効な機能であることを再認識。

リキッドの吸い上げ能力が高く、常にリキッドが一定量確保されるのでイガることも今のところ経験していない。

しかし25mmという径に使いにくさは否定できない。使用できるMODが限定されるので、人を選ぶとは思う。

あとデカい。長い。という点もあるのでそこも注意。

それらを許容できるようであれば、トータルでは非常にいい商品だと思う。

まとめ

  • 爆煙志向向け
  • RDA寄りの味でおいしい
  • ミスト温度低め
  • ジュースコントロールチャンネルは偉大
  • デカい
  • 長い
  • トリッカーにもオススメ

個人的には結構すきです。ビルドもしやすいですし。ただ、シングル運用のためのパーツもあるんですけど、シングルで組むようなアトマイザーではないと思いますね。死ぬほどゴツいワイヤーを使うのであれば話は別ですが。

Heaven Giftsで見る icon-angle-double-right GeekVape Griffin 25 Plus RTA Tank – 5ml, Black(Black) icon-angle-double-left 

 icon-check-square-o クーポンコード「AVM15」で15%OFF

【提供】Heaven Gifts

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。

クチコミサイト


日本最大級のVAPE口コミサイト「ベプログ」。試飲できる環境にない方で,味のイメージを掴むためにはとても便利です。ランキングがあったり,味別検索もできるので参考になると思います。
私は,大好きなリキッドが酷評されていたりするのを見て「なるほど,そう感じる?!うひゃひゃ!!人の味覚って面白ぇ(・∀・)」という少し特異な楽しみ方をしています。

スポンサードリンク

RockMeVape
海外製リキッド専門店Rockmevape。
2014年度No.1ヨーロッパ最優秀リキッドメーカーのLiquideoも数多く取扱い。

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!

HiLIQ
清涼剤が個人的にはすごい好き。メンソールは嫌いだけども清涼感はほしい!!なわがままな私みたいな人にはぜひ試していただきたいと思います。

image

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ