「AX1 by Sector One Vapors」VAPEアトマイザーレビュー

あけましておめでとうございます。

2016年はじまりました。

よ!!パクリ道!パクリ道!!と大人気のVAPEブログはこちらですよー。

今年もVAPE道をよろしくお願いいたします。

ということで今年一発目のレビューはkochira!!

Sector One Vapors

「AX1」

image

これっすね。

これね、まず何がいいかって、デッキがクッソかっこいい。

Sector One VaporsVicious Antが共同で製作したという噂のアトマイザーです。

Vicious Antといえば精巧な作りで有名ですね。

仕様

  • 直径 22mm
  • 高さ 14.5mm(ドリップチップ抜き)
  • 304ステンレススチール
  • PEEKインスレーター
  • ロゴエングレービング
  • 1.5mm×6mm無段階調整エアホール
  • カッコイイデッキ
  • ワイドボアタイプのドリップチップ(固定)

まず背がだいぶ低いです。

エアホールの幅が広く、しかし全開でもスカスカというところまではいかず適度な重さを保ちます。

どれくらいかなー?と思って似たようなドローのものを探してみたらサブタンの全開と同じくらいで、origen dripper V3の全開よりも少しだけタイトでした。

付属品

image

  • 本体 1個
  • スペアOリング、ネジ
  • 説明書(英語)

説明書がついているのは珍しいのですが、ビルドの方法を図を用いて説明してくれます。

英語で。

まぁ図を見ればわかる感じで親切設計。

image

特徴的なエアフロー

エアフローが割と特徴的なのでちょっと解説。

まずサイドエアフローと見せかけたボトムエアフロー

サイドからエアーが入ってボトムから出てきます。

image

番号の①~③の順番で通っていくのですが、図の作り方がヘタですみませんコレ。

①から入ったエアーがデッキの壁をつたって下部にある通り道まで導かれ、デッキ中央から上に向かって出てきます。

③の部分で矢印が8個出てるのですが、1mmのエアホールが4×2で計8個ついていますのね。

このシステムで私が感じる一番の恩恵は漏れにくいことです。

外出時にタンクよりもRDAを持ち歩く私としては非常にありがたいことです。

ビルドしてみる

まずデッキがこちら

image

ナニコレチョーカッケー

で、説明書見ればどうやればいいか大体把握できるのでそんなに難しくもないと思います。

まずコイルを作ります。

image

24ゲージ3mmコア6ラップのデュアル0.3Ω

足の長さは実際にアトマイザーにセッティングしてみて調整します。ちなみに画像の足の長さだと少し長かったので、最終的には少しだけ短くしました。

そしてデッキに刺し、両側のネジを締め込みます。

image

さらに、コイルごと矢印の方向へ倒します。

image

image

こんな感じになりますが、注意点として点線のラインより上にはみ出ないようにしてください

トップキャップとコイルが触れてショートします。

また、コイル同士も接触しないようにしなければなりません。同じくショートします。

デュアルでこの条件をクリアするには3mmコアが現実的には限界かと思われます。

取り説にもUSE 3MM DIAMETER OR LOWER GUIDE FOR YOUR COILS

と記載があるので3mm以下でビルドしましょ。

image

これでコイルは完成です。

コットンを通します。

image

こうしてみると、デッキにはステンレスとコットンで埋め尽くされたような形になり、さらにトップキャップの天井はほとんどギリギリの位置にくるような設計になっているのでいわゆるチャンバーとしては激狭となり、激ウマなミストが味わえるはずです。

吸ってみます

暖かめのミスト。よく出るフレーバー。ワイドボアならではの煙量。

もちろんセッティングによるものかと思いますが、かなり満足度が高いです。

個人的には低めの抵抗値が好きなのですが、origen dripperに匹敵するほどフレーバーがよく感じられます。

そして運用してみてわかったのですが、チェーンをしてもリキッド切れになるまでかなり安定した供給をしてくれます。ジュースウェルも多少あるのですが、アトマの直径22mmをフルに活用できるセンターにコットンを平行に2本設置できることによって十分なリキッドを保持&重力の影響を受けにくいからか、ストレスレスな供給を可能にしているのだと思い込んでいます。

これは良い買い物をした!!!年末にポチった自分を褒めたいね!!

image

*ビューティーリング装着しています

510用トップキャップ

固定のドリップチップを510ドリップチップで運用したい人に別売りのトップキャップがあります。

image

ちょっとだけ高さがありますね。

Promistさんでは限定版にセットされているようです。

image

【購入元】VAPECHK

*今回のアトマイザーはポジティブ部にゴールドコーティングをしている限定版のため次回の入荷はないそうです。PROMIST VAPORでも売ってます。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。

クチコミサイト


日本最大級のVAPE口コミサイト「ベプログ」。試飲できる環境にない方で,味のイメージを掴むためにはとても便利です。ランキングがあったり,味別検索もできるので参考になると思います。
私は,大好きなリキッドが酷評されていたりするのを見て「なるほど,そう感じる?!うひゃひゃ!!人の味覚って面白ぇ(・∀・)」という少し特異な楽しみ方をしています。

スポンサードリンク

RockMeVape
海外製リキッド専門店Rockmevape。
2014年度No.1ヨーロッパ最優秀リキッドメーカーのLiquideoも数多く取扱い。

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!

HiLIQ
清涼剤が個人的にはすごい好き。メンソールは嫌いだけども清涼感はほしい!!なわがままな私みたいな人にはぜひ試していただきたいと思います。

image

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ